NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
久米路橋の名称で長野県歌「信濃の国」にも登場する、水内橋です。名橋として知られて
いましたが、岩倉山(虚空蔵山)が崩落して犀川を堰き止めたことにより水没し、流失し
てしまいました。ここには地震前の、本来の水内橋が...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
・味噌・漬物・雑穀の匂ひ鼻をうがち」とあるように、焼け跡には悪臭が充満しているの
です。1-83「山中虚空蔵山、又岩倉山抜崩、犀川之大河ヲ止メ、湛水ニ民家浮沈之大畧
下ノ巻ニ委シ」大地震によって岩倉山(虚空蔵山)...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
4日に発生した善光寺地震は、家屋の倒壊や火災ばかりでなく、山崩れが大きな被害をも
たらしました。中でも虚空蔵山(岩倉山)の崩壊は犀川をせき止めて天然ダムを造り、4
月13日にはそれが決壊して大洪水を引き起こしまし...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
積みも、あちこちででこぼこになっているそうです。◯犀川をせき止めたのは、山平林村
と安庭村との間にある虚空蔵山、一名岩倉山という山が2つに割れて崩れ落ちたもので、
西は山平林の孫瀬組、岩倉組を押し崩して、数十丈の...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、是に随ひ御普請所の石積も色々に畝だちたると云、(改頁)○犀川を堰留たるハ山平林
村と安庭村との間なる虚空蔵山一名岩倉山二ツにわれて抜落、西ハ山平林の孫瀬組・岩倉
組を覆し、数十丈の土砂岩石をもて犀川を湛留、東ハ...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
本当だといって怖れたりするわけでもなくて、その噂はまちまちでした。なんという前代
未聞の天災か、山中の虚空蔵山あるいは岩倉山ともいう大山が左右に抜け崩れて犀川を押
し埋め、このような大河の流れを堰き止めたとのこと...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
や。爰において虚として侮とらす、実としておそれす、その噂区々なり。爰にいかなる天
災不思議なるか、山中虚空蔵山また岩倉山ともいふ、此大山左右に抜 (改頁)113&nb
sp;崩れて、犀川におし埋み、かゝ...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
を経て10月に至るまでの、経過をまとめています。その概要は次の通りです。(大地震発
生)大地震によって虚空蔵山が崩落し、犀川をせき止めたこと、澣花川(裾花川)などの
支流も同様であったこと、善光寺・新町等で火災が...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
でも特に世にもまれな大災害と言われたのは、更級郡平林村[姨捨山の西3里(12キロメー
トル)余]にある虚空蔵山[別名岩倉山]という高山の頂上が両側に崩れ[片方は高さ30丁余
、長さ20丁余で、岩倉・孫瀬の2村が水...
■むしくら日記 [現代訳] 2巻 亨
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
。またこの大地震で北国街道丹波島村の渡船場よりおよそ2里半ほど川上の、真田信濃守
の領分である平林村の虚空蔵山のおよ20丁ほどのところが山崩れを起こし、犀川へなだれ
込んで川を埋め立てたため、流水がせき止められて...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
共可仕様無御座、且又右大地震ニ而北国往還丹波島村渡船場より凡二り半程川上、真田信
濃守領分平林村地内字虚空蔵山凡二十丁程之処山抜覆、犀川へ押出し埋り、川中を〆切候
間、流水を堰留水湛、当時川上村々平地へ(改頁)4...