NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
能ハず、今此像を渡す事は、日夲を呪咀し調伏する為ならん、速に御返しあつて然るべし
と奏しける、しかるに蘇我大臣稲目の宿袮奏して曰、それ国に道有は徳なり、道なきハ恥
なり、異国の輩仮令昔は日夲に野心をさしはさむとも、...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
とは、日本をまじないによって服従させるためでしょう。急いでお返しになるべきです」
と申し上げた。すると蘇我大臣(そがのだいじん)稲目(いなめ)の宿祢(すくね)が天
皇に申し上げた。「そもそも国に仏道があるのはりっぱ...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
縁を結んでおられたので、人皇30代欽明天皇の御代に日本にお渡りになった。天皇は深く
尊崇されて、曽我(蘇我)大臣に命じて豊浦(とゆら)の里の向原寺に安置されたが、守
屋大連は悪逆非道で、向原寺を焼き亡ぼし、如来を豊...