NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
衛門様預り所があったため、蔵屋敷はそのままにされました。ところが、当代千村平右衛
門基寛公は相対で、上荒町へ蔵屋敷が引っ越しました。蔵屋敷にいた人たちの茶畑があっ
たのを、庄屋源四郎が差押え渡しませんでした。...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、然る処平右衛門様御預り候故、右御蔵屋敷も其侭被差置候、然処当御代官千村平右衛門
基寛公へ御相対ニ而上荒町へ御蔵(屋)敷引申候、御蔵屋敷ニ被居候衆の茶葉畠有之候を
、庄屋源四郎押掠地面を不相渡候而、此段御詮議...
■松代イラストマップ
26高安山龍泉寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
代の海津城主高坂弾正忠昌信が、元亀元年(一五七〇)、母の菩提を弔うため、渓岸祖聞
を開基として、東条村荒町に創建。明徳寺四世円室是鑑の隠居寺だったとの伝承もある。
寛文年間(一六六一~一六七二)、真田氏の家臣...