NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
西方から来た」と言う声とともに、后の口に飛び込まれた、と夢にご覧になって、たちま
ち懐妊された。これが聖徳太子である。(胎内に12か月おいでになった。厩戸(うまやど
)の皇子、上宮(じょうぐう)皇子、八耳(やつみ...
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
脇からの突き当たりにある。月輪殿正法寺後町の左側にある。真宗西派である。(現在の
西本願寺別院)太子堂聖徳太子像は運慶の作。善光寺七院の一つである。鐘鋳川後町と大
門の間を流れる川である。この川より上を大門町とい...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の他数点は省略する。枕石山願法寺水内郡新井村(飯綱町古町)にある。本尊阿弥陀如来
(善光寺分身の如来。聖徳太子の感得である。)親鸞聖人枕石御本尊(御首はご自作で、
尊体は如信上人の御作である。その他の宝物は省略す...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
[蓮如上人御筆]、其外数品これを略す。枕石山願法寺水内郡新井村に有。夲尊阿弥陀如来
[善光寺分身の如来聖徳太子御感得也]〇祖師聖人枕石御本尊[御首][ハ御自作にして尊躰
ハ如信上人の御作なり]其外霊宝略之。(改頁...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
吾に救世の願あり、我はこれ西方よりと宣ふ声と倶に后の御ロに飛入給ふと御覧じて、頓
て懐妊まし/\ける、聖徳太子是なり、[胎内に十二月在す、厩戸の王子上宮皇子、八耳
の皇子等の御名あり推古、[帝二十八年二月五日薨ず...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
野県議事院犀北館の側より行あたりにあり。(改頁)9月輪殿正法寺後町左り側にあり。
真宗西派なり。太子堂聖徳太子運慶の作。善光寺七院ノ内なり。鐘鋳川後町と大門町の間
を流れる川なり。此川より上を大門町といふ。川に添...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
光寺へ塩を献上することは、今も絶えることなく続いているそうです。◯大日如来大日堂
、衆徒常智院の本尊◯聖徳太子、四天王太子堂、衆徒福生院の本尊◯曼荼羅曼荼羅堂、衆
徒尊勝院の宝物で、日本に2幅しかないそうです。当...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
光寺村よりして善光寺へ塩を進献する事今も猶中絶する事なしとかや。○大日如来大日堂
、衆徒常智院の本尊○聖徳太子、四天王太子堂、衆徒福生院の本尊○曼陀羅曼陀羅堂、衆
徒尊勝院の什物、日本に二幅なりといふ。当磨の曼陀...
■戸隠善光寺往来 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
は本田善光で、それによって寺号とした。まことに人智の及ばない霊妙な仏で、ご利益は
たいへんすばらしい。聖徳太子が善光寺如来と手紙をやり取りしたり、和歌の贈答があっ
たりしたことが、「風雅和歌集」や「埃嚢抄」などの...
■戸隠善光寺往来 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、仍而仏勅水内郡ニ建立有。本願は本田善光。因茲為寺号。(改頁)寔ニ天然不可思議之
霊仏、利益尤も著明。聖徳太子、如来与往復之書通、詩哥之応答有之事、『風雅集』(改
頁)11『埃嚢抄』之小史ニ茂有之。堂塔之荘厳ハ無...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 郷原
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
です。郷福寺は、桔梗山白馬院と号し、真言宗京知恩院に属します。本堂本尊は大日如来
、観音堂の正観音は、聖徳太子の作といい、信州百番のうち28番の札所です。薬師堂・聖
天堂・山門・惣門などは焼失して仮殿になっていま...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
)村(松本市中山)にあり、禅宗済家京都妙心寺に属します。信濃百番のうち4番の札所
です。本尊千手観音(聖徳太子作)、秋葉社(本堂のうしろ)、楼門(本堂の前)、稲荷
社(客殿うしろの山手)、鎮守権現(18町奥の山上...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 郷原
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
産上神とす、○郷福寺[桔梗山白馬院と号す、真言宗京知恩院に属す、]本堂本尊[大日、]
観音堂[正観音、聖徳太子御作信州百番の内二十八番の札所なり、]薬師堂・聖天堂・山門
・惣門等焼失して仮殿なり、句碑有、野を横に...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
保福寺[筑摩郡埴原村にあり、禅宗済家京都妙心寺にぞくす、]信濃百番の内四番の札所な
り、本尊千手観音[聖徳太子御作]秋葉社[本堂の後に在、]楼門[本堂の前にあり、]稲荷社
[客殿後の山手に在、]鎮守権現[十八丁奥...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之三
目録
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
所社家制札番所大門町朝日山大岑山熊野社諏訪社閻浮檀金本尊如来出現月葢長者説百済王
説(改頁)3本朝来現聖徳太子説本多善光説難波掘江伊奈郡ニ寺建立檀越略系堂内年賀式
光明常燈戒檀廻法然上人旧跡親鸞聖人旧蹟笹字名号善...
■松代イラストマップ
19白鳥山證蓮寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
二)の大火で延焼。現山門は、長国寺の霊屋門を移したもの。寺内には、六代幸弘直筆の
「親鸞聖人御影」や「聖徳太子像(上越市浄興寺像と姉妹仏)」がある。また、太子堂の
正面壁や欄間には、左官職人野本勇太郎作の見事な鏝...
■松代イラストマップ
35真如山萬法寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
いう者親鸞聖人に帰依して寺を創建」と寺伝に記されている。境内には太子堂があり、善
光寺信仰とも縁の深い聖徳太子(松代の仏師黒岩慶篤作)を祀り、祭礼も続いている。日
本最初の新劇女優として知られる松井須磨子生家小林...
■信州善光寺御堂額之写 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
に見聞きしていない人々に伝えて、現世から来世にわたる仏恩を知らせたく思い、雛形と
して写したものです。聖徳太子御歌(略)如来の御詠歌(略)(絵)「肥前国長崎西中町中村吉
蔵同行四人」肥前の国長崎より善光寺へお参り...
■信州善光寺御堂額之写 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
を、まのあたり見聞せざる人々につたへて、現当二世の仏恩をしらしめんとて、ひながた
にうつさしむるのみ。聖徳太子御歌いそげ人みだのみふねのかよふまにのりおくなハたれ
かわたさむ如来の御詠歌まちわびてうらむとつげよみ...