NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■むしくら日記 [現代訳] 3巻 利
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
手が所々で決壊し、御三領に浸水しましたが、復旧できない荒廃地はおそらく須坂御領に
多いように見えます。福島村は5、6尺から1丈くらい住居に浸水し、家も流されて来てい
ます。また大木などが道に押し倒されていて、右...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
弐間高サ平均七八尺之土堤所々ニ而押切レ、御三領水入ニ相成候へとも、永荒之場所ハ多
分須坂御領多相見候、福嶋村五六尺より壱丈位住居水入、流家も有之、流れ来り候、又ハ
大木等往来へ押倒し有之、右流家の屋根を致往来候...
■信州浅間焼之事 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
宿とほうしど(傍示堂)という村(埼玉県本庄市)の間を横切って。中山道の南側を流れ
て行った。この水は、福嶋村・五料の関所も跡形なく流してしまった。昨日までは立派だ
った民家の跡も、今日は川の瀬に変わってしまった...
寛保二壬戌歳満水記 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
流死、里村山村一家22軒流男22人流死950間の土手押破、布野村一家7軒流大橋流道1500間
余破損、福島村一26人流死、内[10人男、16人女]28軒流家、新田の分家である、潰家21軒
、本田分潰家15軒流家...
寛保二壬戌歳満水記 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
流死九百五拾間ノ土手押破、 (改頁) 布野村一家七軒流大橋流道千五百間余損
申侯、福島村一弐拾六人流死、内[十人男、十六人女]二拾八軒流家、新田分家也、潰家弐
拾壱軒、本田分潰家拾五軒流家二...