NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■諸国道中商人鑑 [解説]
3 松井田から追分まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
てない。・「酢屋」から二つめの「鳫金屋與市」には「松井田宿より二里上横川御関所前
立場」とある。旅人は碓氷峠を越える心準備をしたことであろう。「鳫金屋」の上部余白
には「左に麻布の瀧見ゆ碓氷御関所」と記され、関...
■信州浅間焼之事 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
獄・大焦熱地獄の苦しさは、このようなものかと思われた。ちょうどこの時、小笠原相模
守が国元へ帰るため、碓氷峠の麓の松井田宿に宿泊していた。その翌日、牧野遠江守がこ
の道を通って国元へ帰る予定で、一宿隔てた安中宿...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、塩尻、下諏訪、和田峠を越して、芦田、望月、塩名田、さらにどんどん行って、浅間山
の麓、沓掛、軽井沢、碓氷峠などは信州と上野(こうずけ)の国境である。その間の名所
は別に記す。越後より北陸道を経て関東に出るには...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
越線は、明治21年8月15日に長野-上田間、同年12月1日に上田-軽井沢間が開通した。明
治26年には碓氷峠があき、高崎-直江津間が全通した。(注3)当時の長野県尋常師範学
校長は浅岡一であった。浅岡は信州の地...
■善光寺道名所図会 [解説]
『善光寺道名所図会』の構成
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
』は、中山道洗馬宿から善光寺道を各宿駅を経て善光寺に至ります。さらに善光寺から北
国街道を江戸に向い、碓氷峠に至る間の各宿駅ごとに名所古蹟がまとめられています。そ
の道筋を追うと、洗馬宿から郷原宿・村井宿を経て...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○佐久郡小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ことがないので、所々の寺院で水施餓鬼や堂塔供養追善をしました。7月1日と2日は噴火
が激しく、軽井沢・碓氷峠・坂本宿・松井田・安中・板鼻・高崎、武州児玉郡・榛沢郡30
里の間は灰砂が2尺3寸、場所によっては5、...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之五
○佐久郡小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
止事なく候故、所々寺院方にて水施餓鬼并堂塔供養(改頁)追善有之、七月朔日二日焼る
こと甚しく、軽井沢・碓氷峠・坂本宿・松井田・安中・板鼻・高崎、武州児玉郡榛沢郡三
十余里の間の灰砂二尺三尺、場所により五六尺降り...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
成人謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
關所の茶屋までも。○小田井(おてい)追分輕井澤この三宿にとまらぬ客は碓氷(うすい
)峠で死などまま。○碓氷峠のあの風車よ誰を待つやらくるくると。○碓氷峠の權現(ご
んげん注9)樣は私がためには守神。○上州(注1...
■秀吉と真田 名胡桃事件と小田原の役
小田原出陣
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
った。上杉勢と木曽を経て進軍してきた前田勢と合流すべく、昌幸が上田から進発したの
は三月上旬であった。碓氷峠から上野(こうずけ)へ入った北国口軍は、まず北条氏の重
臣大道寺政繁の守る松井田城を攻め立てた。その戦...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ノ勢ヲ以テ出馬シ速ニ攻落シ依田右衛門佐信蕃ヲ入替、直ニ進ヲ軽井沢ヘ出張シ北条家ノ
兵粮ノ通路ヲ止メント碓氷峠ヲ取切アレハ氏直合戦自由ナラス、徳川家へ無事ヲ入ラレケ
リ、是ヨリ信甲両国大略徳川家麾下トナル、是偏ニ...
天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
されたと推定される)ものなので、一括して解説する。ちなみに岩村田宿は、中山道の宿
場の一つで、江戸から碓氷峠を越えて信州に入ると、最初の宿場が軽井沢宿で、沓掛宿・
追分宿(以上の軽井沢三宿は軽井沢町)・小田井宿...
天明3年8月23日 浅間山大焼け以来難儀につき見分願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
されたと推定される)ものなので、一括して解説する。ちなみに岩村田宿は、中山道の宿
場の一つで、江戸から碓氷峠を越えて信州に入ると、最初の宿場が軽井沢宿で、沓掛宿・
追分宿(以上の軽井沢三宿は軽井沢町)・小田井宿...
天明3年12月10日 浅間山焼けにより小物成免除願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
されたと推定される)ものなので、一括して解説する。ちなみに岩村田宿は、中山道の宿
場の一つで、江戸から碓氷峠を越えて信州に入ると、最初の宿場が軽井沢宿で、沓掛宿・
追分宿(以上の軽井沢三宿は軽井沢町)・小田井宿...
■善光寺独案内 [解説]
明治時代の長野の観光案内書
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の案内書が必要でした。ことに明治21年(1888)5月に長野駅が開業し、明治26年(1893
)4月に碓氷峠のトンネルが開通すると、長野・上野間は9時間余で結ばれるようになりま
した。旅行者が急増する中で、明治...
■戸隠善光寺往来 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
香保・草津への分かれ道がある。それより、板鼻宿、安中宿では妙義への道が左に分かれ
、松井田宿、坂本宿は碓氷峠の麓、峠の熊野権現の社は信州と上州の境に鎮座している。
軽井沢宿、平葉の原、沓掛宿、追分宿は「信濃なる...
■浅間山 [解説]
第三編 浅間山変異記
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
十七日になると、「上州松井田筋諸村に張り札する者あり」・・・一揆勢は、安中穀屋三
軒潰し・・・十月二日碓氷峠を越え軽井沢宿へ乱入・・・岩村田へ打ち入り・・・野澤に
乱入、隅屋甚五右衛門を散々に潰し・・・小諸城下...
■真田氏関係資料 パスファインダー&目次検索 10.真田関係資料目次
真田史料集
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
順………291沼田城を北条氏に致さる………294小田原征伐先鋒………303上野国諸城没落
………307碓氷峠合戦………308巻之九慶長之役御父子御引分………311西軍将帥諜状……
…315巻之十御守城評義………...
善光寺参詣と善光寺道についてトピック(テ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
寺参詣の旅の意味で、鎌倉から善光寺内容紹介への道行を示しています。由比ヶ浜、入間
川、倉賀野、松井田、碓氷峠 を越え、布引山、海野、坂木、篠ノ井などを経て善光寺に
着きます。この鎌倉街道を利用して、信生法師も元...