NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
徳川秀忠軍の上田攻め
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
かったと言えよう。しかし、これにより後の大坂城での信繁の活躍にもつながる物語が生
まれることになった。真田信幸宛徳川家康書状<史料解説>「真田信幸宛徳川家康書状」
真田宝物館蔵慶長五年(一六〇〇)八月二十一日真田...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
東西に分かれた真田父子
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
続いて二十七日には、小県郡(上田領)は親の領地であるから、異議なく信幸に与えると
約している(写真)。真田信幸宛徳川家康書状<史料解説>「真田信幸宛徳川家康書状」
真田宝物館蔵慶長五年(一六〇〇)七月二十四日父昌...
真田氏関係の城址、寺社、文化遺産トピック
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
状、真田昌幸・信之・幸村宛豊臣氏 普請奉行連書状、真田昌幸宛長束正家等連署状、真
田親子犬伏密談 図、真田信幸宛徳川家康書状、真田信幸宛徳川家康安堵状、真田昌幸 宛
石田三成書状、真田父子上田篭城図、高野山蓮華上...
■秀吉と真田 名胡桃事件と小田原の役
沼田領の分割裁定
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
月、秀吉は沼田領問題を最終的に決着させるべく津田隼人・富田左近の両人を検使として
遣わした。これにつき真田信幸に上田から沼田までの案内と伝馬人足を出すように命じて
いる(写真)。信幸は昌幸の長男であるが、昌幸にで...
■秀吉と真田 名胡桃事件と小田原の役
北条の兵、名胡桃城を奪取
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、北条氏邦の配下で沼田城へ入った猪俣(いのまた)邦憲が攻め、乗っ取ってしまったの
である。これについて真田信幸より報告を受けた家康は、十一月十日付け書状で、先の沼
田城明渡しの両上使(津田・富田)へ、まずは使者を...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
上杉方による上田城増築普請
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、徳川勢力に対抗する上杉方の最前線の拠点城郭として、かなり大規模な工事が行われた
のであった。恩田等宛真田信幸書状<史料解説>「恩田等宛真田信幸書状」長野市真田宝
物館蔵天正十三年(一五八五)閏八月十三日真田昌幸...
■秀吉と真田 名胡桃事件と小田原の役
小田原出陣
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
抗して蜂起した。大崎・葛西一揆と呼ばれる反乱事件であるが、この鎮圧に真田昌幸も出
動を命ぜられている。真田信幸宛豊臣秀次書状<史料解説>「真田信幸宛豊臣秀次書状」
真田宝物館蔵天正十八年(一五九〇)三月八日小田原...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
伏見城普請
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
臣としてのあるべき姿でもある。真田父子の伏見在勤も短くはなかったとみてよい。蓮華
王の茶壷卯の花の茶壷真田信幸宛豊臣氏奉行連署状<史料解説>「真田信幸宛豊臣氏奉行
連署状」真田宝物館蔵文禄二年(一五九三)十二月十...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
真田氏の動静
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
うとしていた様子がよくうかがえる。このような状況下で、真田父子も家康の上杉討伐令
に応じたのであった。真田信幸宛同昌幸書状<史料解説>真田信幸宛同昌幸書状真田宝物
館蔵慶長五年(一六〇〇)三月十三日伏見城下に詰め...
■秀吉と真田 豊臣氏関係遺品
[[豊臣氏関係遺品]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
天正十八年(一五九〇)四月九日付。小田原の役のおり、北条攻めに加わっていた豊臣秀
次が、やはり従軍中の真田信幸の労をねぎらったもの。信幸は北国囗部隊の一員として、
前田利家・上杉景勝らと上州碓氷郡松井田城を攻撃中...