NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
しこう)して其門前には二人の巡査を配置し、出入を許さるべきは印鑑持参者に限れり。
[此印鑑は宮内省より県庁に下し県庁より必要ある者に下したるものなり]玉座の御備付は
総て御持越(持参)品のみにて、燃え出づるが...
■分県之建白 [現代訳]
分県の建白
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
ず、ただ決定されたことに服することにしました。それ以来、長い歳月がたち、季節が移
り変わっても、松本の県庁が廃されたことは、寝ていても何度も夢にまででてきて、その
無念さはとめることができません。去る明治15...
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ュラルセンター)前に県町へ通じる町がある。電信横町と呼ばれる。突き当たりは県町本
通りの西の町である。県庁から駅へ通じる町である。犀北館県町にある。郵便電信局前か
ら突き当たった所にある。この館は近山与五郎と...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
郵便電信局仝所次にあり。前に県町へ通する町あり。電信横町と誦す。行あたりハ○県町
本通りの西の町なり。県庁よりステーシヨンヘ通ス町。犀北館県町にあり。郵便電信局前
より行あたりなり。館ハ近山与五郎卜云旅舎なり...
『説諭要略』巻一 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ナルヘキナリ。然ルヲ此郵便ニ托シタレハ。目方二目(もんめ)(注4)以下ノモノハ。二銭
ニテ達スルナリ。県庁其法ヲ以テ。速ニ指揮ヲ下シ。又二銭ヲ以テ。逓送(ていそう)(注5
)スルナリ。出県休泊莫大(ばくだい)...
■分県之建白 [解説]
信濃国から二つの県へ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
ました。南信の伊那県は、いままでどおりの伊那県となります。ところが、3年12月に、
中野で騒動がおき、県庁をはじめ中野の町の多くが焼失してしまいます。維新政府は、中
野に県庁をおくことをやめ、4年6月22日に...
■信濃国村名尽 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
す。では、現在の長野県はどのようにして成立したのでしょうか。慶応四年(1868)八月
二日、信濃国には県庁を伊那郡飯島に置いた伊那県が生まれました。伊那県の管轄区域は
、はじめ伊那郡の三十六カ村に限られていま...
■分県之建白 [解説]
ひとつの長野県に
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
南信)が新しい長野県域となります。北信・南信は、耕地・戸口ではほぼ伯仲しています
。このことが、のちに県庁の北偏を理由とする移庁・分県問題を激化させていくことにな
ります。ひとつの長野県に統合されて1年3か月...
■分県之建白 [解説]
分県建白書の提出
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
、ここで一同は最後の酒杯をもって3人を送りました。3人はここで人力車に乗って長野に
向かい、21日には県庁で知事から請願書についての添書を得て上京しました。分県請願書
は22年9月26日に内務省に提出されまし...
■分県之建白 [翻刻]
分県之建白[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
ニ於テスラ猶斯ノ如キノ傾キアリ、一般人民ノ趨勢推シテ知ルヘシ、是レ分県ヲ請フノ理
由第二也、且夫レ長野県庁ノ位置ハ北部上水内郡ノ長野町ニアリ、抑モ長野ノ地タルヤ国
中辺陬ノ一仏地ニシテ、北越後ノ国境ヲ離ルヽ僅...
■伊那県布令書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
8)八月二日、新政府は府藩県三治の制をしき、信濃に伊那県を置き、藩は今までどおり
としました。伊那県の県庁は、伊那郡飯島の旧陣屋に置き、北小路俊昌を知事に任命しま
した。伊那県の管轄地域は、はじめ飯島役所管轄...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [解説] Ⅱ明治11年北陸・東海道巡行
1概要
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
川県士族による大久保利通の暗殺もこの年に起こりました。また、明治9年に一方的に通
達された区域改正は、県庁の位置をめぐる地域住民間の対立問題を引き起こすことになっ
た。明治9年に筑摩県と旧長野県が合体して成立...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [解説] はじめに
[[はじめに]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
な巡行を行いました。これを6大巡行という。「6大巡行で天皇は政府中枢の高官等ととも
に地方を廻り、府・県庁で府・県治報告を受け、学校・産業施設・軍事施設等を視察し、
各地の物産・古器物等を見、社会的功労者の表...
■諏訪の製糸業 附 金融機関 [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
門学校・県立小県甲種蚕業学校等の設あり。真田幸村の古城趾を存す。長野市は善光寺の
大伽籃を有し、且長野県廰の所在地たり。附近に製糸工業地たる須坂町及び松代町あり。
貨物並に旅客の出入甚だ盛なり。野沢町は南北佐...
■岐蘇林友 第十九號 [ルビ・注記]
西澤教論告別式(こくべつしき:ここでは送別の式のこと)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
6本校西澤教諭(注54)は長野県庁へ御栄転の為(た)め、8日午後零時半より雨天体操場に於
て告別式を挙行せるが、校長の挨拶に次(つい)で...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
[注記]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
西澤静人:教諭。長野県出身。明治42年5月静岡県立農林学校から木曾山林へ。2年1ヶ月
在職した後、長野県庁林務課に転勤、大正3年(1914)10月再度同校へ転勤してきた。造林
学・林価算法などを担当。(注5)...
『説諭要略』巻一 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
、筑摩県が設置され、長官には元伊那県大参事永山盛輝が任命された(六年三月権令に昇
任)。松本城内の筑摩県庁が開庁したのは五年一月十三日のことであった。永山盛輝は鹿
児島藩士族で戊辰戦争に従軍し、明治維新後は宮...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
た。あとは上田の昔話しなぞで此(こ)の夜は終った、翌日は狭い長野ではあるが、善光
寺、師範学校(注7)県庁等を見て廻った。(注1)増田秀実。当時の代表的な寺子屋師匠
。上野尚志とともに、『上田藩教育沿革史』を...
筑摩県と「夜明け前」トピック(テーマ)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
人々を描いている。雑誌 インターネット情報2 書名著者名 出版社 出版年伊那県時代:
飯島陣屋から伊那県庁へ(飯島陣屋ブックレット)高木俊輔/著 飯島町歴史民俗資料館 19
96.3明治維新直後に創県され、わ...