NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
一、居家半潰九軒一、土蔵潰一軒一、同断半潰一軒一、物置半潰二軒紙屋町一、居家半潰
一軒一、土蔵潰一軒下田町・同心丁(改頁)一、居家潰九軒一、同断半潰六軒一、土蔵潰
一軒一、物置潰一軒梅翁院寺中一、居家潰三軒一...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ただちに申し遣す、(改頁)一、妙福寺等からの出願を御聞き届け、東へ宮淵役人を呼び
出して書状入遣す下横田町の恵光院の禅堂そのほか諸座が破損したので、御領分勧化御免
組々へ通達するようにと仰せ出されたので、承知...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
連罷出候様、中沢より通達直ニ申遣候、(改頁)28一妙福寺他出願御聞届、東へ宮淵役人
呼出書状入遣ス下横田町恵光院右者禅堂其外諸座破損ニ付、御領分勧化御免組々江、及通
達ニ候様、被仰出候間、此段御承知可被成候、...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
門一家が、右下に描かれています。先導するのは大工の庄五郎です。善左衛門幸一は持病
が出て歩けないので、田町の由蔵に背負われています。ここは鐘鋳川沿いの道です。武井
社(武井神社)の背後に虎石庵や稲荷(岩石町の...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
本折れ、土蔵が大破しました。石州子の家では土蔵が少し壊れただけで、母屋は特に被害
はありませんでした。田町の同姓の2軒も大破しました。岡野陽之助の家はそれほどでは
ありません。坂野安左衛門は火事の後小屋掛けを...
寛保二壬戌歳満水記 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
2軒竹山町西条村之分一流家1軒、潰家1軒西念寺境内一家5軒、皆潰家、御廐町一家3軒皆
潰家、流家1軒下田町分荒町東条村分、一家7軒ノ内流家3軒、潰家4軒柴町末在郷分一家4
軒皆流家、同所下屋敷之内1軒流家上田...
寛保二壬戌歳満水記 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
西念寺境内一家五軒、皆潰家ナリ、御廐町 (改頁) 一家三軒皆潰家ナリ、流家
壱軒下田町分荒町東条村分ナリ、一家七軒ノ内流家三軒、潰家四軒柴町末在郷分一家四軒
皆流家、同所下屋敷之内壱軒流家...
■信州浅間焼之事 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
と思われる。著者の羽鳥一紅(一七二四~九五)は、『新編高崎市史通史編3近世』(高
崎市)によれば、下仁田町(甘楽郡下仁田町)の石井治兵衛の二女で、長じて高崎田町
商家羽鳥勘右衛門(絹問屋)に嫁いだ。夫は麦舟...
天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
て信州に入ると、最初の宿場が軽井沢宿で、沓掛宿・追分宿(以上の軽井沢三宿は軽井沢
町)・小田井宿(御代田町)をへて岩村田宿にいたる。次の宿場は千曲川に面した塩名田
宿(佐久市)である。また、江戸時代中期以降は...
天明3年8月23日 浅間山大焼け以来難儀につき見分願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
て信州に入ると、最初の宿場が軽井沢宿で、沓掛宿・追分宿(以上の軽井沢三宿は軽井沢
町)・小田井宿(御代田町)をへて岩村田宿にいたる。次の宿場は千曲川に面した塩名田
宿(佐久市)である。また、江戸時代中期以降は...
天明3年12月10日 浅間山焼けにより小物成免除願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
て信州に入ると、最初の宿場が軽井沢宿で、沓掛宿・追分宿(以上の軽井沢三宿は軽井沢
町)・小田井宿(御代田町)をへて岩村田宿にいたる。次の宿場は千曲川に面した塩名田
宿(佐久市)である。また、江戸時代中期以降は...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
川は本町の西側(往還道からは本町の住宅の裏側)を南北に流れていた。なお、その右岸
は本町に属する六供・田町である。松井川と中沢川は、六供の上流で流れが接近している
。寛保二年八月一日に、七月二八日以来断続的に...
小諸洪水流失改帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
続之山崩レ大水出ル、辰ノ中刻北山之方震動強ク、俄に曇リ黒闇六供之上成就寺ヨリ山澤
共に高水押掛ケ、六供田町本町辺を押流し、大手江水入、足柄御門、三ノ御門押流、(改
頁)4馬場裏押水、上ノ袋町ヲ押し、下ハ押兼五...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
川は本町の西側(往還道からは本町の住宅の裏側)を南北に流れていた。なお、その右岸
は本町に属する六供・田町である。松井川と中沢川は、六供の上流で流れが接近している
。寛保二年八月一日に、七月二八日以来断続的に...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
川は本町の西側(往還道からは本町の住宅の裏側)を南北に流れていた。なお、その右岸
は本町に属する六供・田町である。松井川と中沢川は、六供の上流で流れが接近している
。寛保二年八月一日に、七月二八日以来断続的に...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
川は本町の西側(往還道からは本町の住宅の裏側)を南北に流れていた。なお、その右岸
は本町に属する六供・田町である。松井川と中沢川は、六供の上流で流れが接近している
。寛保二年八月一日に、七月二八日以来断続的に...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
川は本町の西側(往還道からは本町の住宅の裏側)を南北に流れていた。なお、その右岸
は本町に属する六供・田町である。松井川と中沢川は、六供の上流で流れが接近している
。寛保二年八月一日に、七月二八日以来断続的に...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
のことで淀が橋から細道を通って長谷越(はせごし)(湯福川沿い)に出て、そこから鐘
鋳川の端を歩いて、裏田町のあぜ道を通り、普済寺(田町。現在地の西北西200メートル
にあった)の脇道に至って寺を見ると、その客...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
り袋町牧野大右衛門土蔵一棟屋根崩落十人町落合瀬左衛門土蔵一棟大破東十人町浅香長斎
弐間ニ五間長屋一棟潰田町上原徳之助土蔵一棟潰菅沼源之進土蔵一棟大損(改頁)河野弥
一兵衛長屋一棟潰懸り高田幾太土蔵一棟潰矢野只...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
『地震後世俗語之種』の諸本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
細は不明ですが、郷土愛を持った人物らしく、原本にはない丹波島渡船場の北側の図(1
-23・24)や、新田町・石堂の図(1-101)を新たに付け加えています。これらもまた貴
重な資料です。『地震後世俗語之種』の...