NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
4.中等程度の林業教育の現状
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
を冠せるは20校にして、内林学を農学科の裡(うち:なか、内部)に講ずる者、換言すれば
農林両科の学級を独立せしめざる者5校あり。又修業年限3年若しくは4ヶ年の内、単に最
後の1ヶ年のみ1学級を組織して林学志望...
■上田郷友会月報 創刊号 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
リ兵艦ハ益々快疾隊伍ハ益々整練以テ奇獲ヲ待ツ嗚呼危イカナ我国ハ東洋ノ一孤島ナリ然
レドモ愛国ノ士ハ其ノ独立ヲ永ク保持シ日章ヲシテ万邦ニ輝カシムルニ従事ス可キナリ今
日ハ日本唐土(中国)天笠(インド)ノ旧天地ニ...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
創立20周年を迎へて所感を述ぶ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
設せる農業学校は20位はあるが、何れも志望者の乏しきに苦しんで居る。かゝる中にあり
て我校が林学科丈で独立せることは大に誇りとする所である。斯(か)く本校が盛大になっ
たのは、松田、江畑、安藤、七宮各校長始め...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
浅岡一が校長に就任。明治二十年付属小学校開校、翌二十一年女子部を設置。同三十八年
(1905)女子部が独立して松本師範学校となった。昭和十二年(1937)明治天皇行幸六十
周年に当たり本校東南に記念碑が設置さ...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 法橋
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
は嘉承2年(嘉祥、849)にはじめて信濃国のうちの7か所へ伊勢より勧請のあったそのう
ちのひとつです。独立した山で樹木が茂りひっそりとしていて、じつに一艘の大船に物を
積んだごとき形容です。御神体は、天照大神...
■上田郷友会月報 創刊号 [解説]
2 われらが国を引っ張っていこうという気概の籠った「緒言」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
が籠もった願いが綴られています。文学、技芸、農工商が隆盛し、切磋琢磨する世のなか
で、自らを律し、国の独立を維持することは容易なことではない。眼を世界に転じると、
日本は東洋一の孤立国になっている。国思う者と...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
成人謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
3)は八面玲瓏(れいろう注4)玉をなし夏尚(なお)寒き白雪は清き心を表明し雲間に高
く聳(そび)ゆるは獨立不撓(ふとうちゅう5)の氣を示す (改頁) 國の守
りの富士山に登つて彼方(かなた...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
真田昌幸、徳川と断交へ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
がらも全くの敵対というものではなく、徳川・北条・上杉という三大勢力の間にあって、
上杉寄りの姿勢ながら独立の形であったとみられる。そして、天正十二年(一五八四)に
起こった秀吉対家康の小牧長久手合戦のおりには...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
家康の関東移封と真田昌幸・信幸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
幸に伝えていたものでもあった(写真)。もっとも上州沼田領は昌幸の長男信幸が、父の
上田領(小県郡)とは独立した形で支配を展開することになる。しかし、信幸についても
、これ以後は父昌幸と同様、秀吉の直臣扱いとし...
■分県之建白 [解説]
信濃国から二つの県へ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
北までの領地を管轄しましたから、統一的な支配は困難だったため、3年9月17日に、東信
・北信の伊那県を独立させて中野県としました。南信の伊那県は、いままでどおりの伊那
県となります。ところが、3年12月に、中...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
5.中等程度森林教育の方針
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
sp;(改頁) は農林両科は凡て併置の状態なるも、独澳の例に倣ひ甲種程度は必ず林
学科を以て独立せる一校を必要とす。伹し高等専門学校には諸外邦と雖も農林又は工林を
併置せる者多きが如し。第六説元来諸...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
11.実習
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
(改頁) 2、実務に関する常識を涵養す3、労働に服し困難に耐ふる習慣を養成す4、
他日卒業後独立経営をなすに際し遺憾なからしむ実習と学科との調和実習と学科との関係
を円満ならしめんが為め、各実習の指...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
18.遊学者の便益
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
471、林学科を以て独立せるを以て農学或(あるい)は獣医科を併置したるものと異り、他
に何等の係累なく全力を林学に傾注すること...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎林業の方面より観察したる森林教育
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
2松田力熊(注2)国家経済の膨脹よりして国本(こくほん:国家の独立・繁栄の基礎)を培養
し国力を充実しなければならぬと云ふは、天下の世論である。此(この)目的を達するに...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
木材の欠乏を憂ふ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
に至りしが、感ずる処は只木材欠乏の一事のみとす。施業案編成当時は各事業区共其の規
程の定むる所に従ひ、独立の経営即(すなわ)ち収支関係に甚だ重きを置き、立木伐採の如
きも林力の許す範囲に於て、出来得る限り多量...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
ペテロ大帝と脱走兵
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
活を見れば見る程其生活が嫌になったのです。貧(まずし)い日雇大工ではありますが、私
は今少くとも自由で独立であります。若しなあたが私と和蘭へ御出でになるなら、私の給
金は御委(おまか)せしますし、家庭の管理も...