NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
は上田縞(うえだじま)、白紬(つむぎ)、白斜子(ななこ)等にて縞物多く供奉員又各
々求められたり。14物価の騰貴(とうき)宿屋の繁盛人力車の払う払底等は左の記文を見
て知り得べし。御巡幸ニテ部物価ニ影響ヲ生ジ...
『長野史料』索引 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
災地編一、地震一、山抜人編一、規定命令二、訴訟嘆願三、風俗社会四、人物伝記(改頁
)5五、田地戸口六、物価工賃神編仏編(改頁)二、火難(注)善光寺火災記[三宝記見集
録旧事記]善光寺町火災記人五寛延ノ桜屋火事...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
であれば中馬方の稼ぎが多分になり、松本・飯田の荷物問屋は、中馬荷物を多く取扱うの
で、中馬の稼ぎもよく物価も安いので、一国の利益もあり、在々所々で直売りをせず、仕
方ないことであり、右荷物の分馬を継場で継送り...
■違作書留帳 [解説]
4、『松本市史』記述の天保の飢饉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
や西風が吹き荒れ、西山は麓まで白くなり寒気は例年よりはやくやってきた。穀物相場の
高騰に刺激されて、諸物価も高騰し食べ物が不足した。各地で盗人が横行し、「乞食」も
多数はいりこんできたため、村の入口に番人をた...
天保饉愁 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
上田海野町松原晋蜂1(東山堂主人)天保飢饉 物価等記録天保飢愁全 (改頁)2(改頁)&
nbsp;饉愁序世の中ハ皆かげろふかちんぷんかん、と...
■原町問屋日記(嘉永六年) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
情報が流れ、町はそのうわさ話で不安に満ちていただろう(1)。翌十三日には、藩から
異国船騒動によって穀物価が高騰するだろうが、それに乗じて米をほかの地へ多量に売ら
ぬように、穀屋などへ伝えるようにとの申し付け...
■原町問屋日記(嘉永六年) [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
(2)嘉永六年六月十三日のみ関東筋ではペリー艦隊来航の騒動による穀物価格の値上が
りが予想される。町役人として、他の地へ多量の米を売らぬよう心得ておくこと。その心
得を穀屋や...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
一同月廿五日朝、御館炎上す、御馬屋も焼け家中類焼、明治二年八月十七日、浦野組沓掛
村辺より農民蜂起して物価高直(値)、弐歩金閉塞を名として、村吏之宅を破壊焼払乱暴之
末、上田城下へ来り、問屋太郎兵衛宅へ 海野...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
19.在学中学資金予定
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
47所要の学資は物価の高低により一定し難しと雖も、1ヶ月の予算左の如し費目1ヶ月所要
高適用授業料80銭毎月20日に徴集(...