NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
浅間焼覚帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ちつぶし、ついで志賀村半左衛門・重三郎・与宗次を打ちつぶした。ついで原新田村の常
右衛門を打ちつぶし、焼き払った。その後小諸領へ入り、(与良町の)小原の助四郎、柏
木村喜太夫・新五郎を打ちつぶした。この三人は中...
■むしくら日記 [現代訳] 3巻 利
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
条・桜沢の両村のはずれには流された家やがれきがおびただしく流れ寄っていて、田の耕
作に差し支えるので、焼き払おうとしてこれを積み上げ火をつけましたが、水に浸かった
物なので煙ばかり出て焼くことができません。大熊...
■秀吉と真田 名胡桃事件と小田原の役
小田原出陣
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
)四月十四日これも真田父子からの報告に答えたもの。昌幸ら北国囗勢が上州松井田城の
根小屋(城下集落)を焼き払い、城を包囲しているとのことだが、小田原攻城の人数は充
分なので、心静かにじっくりと攻略するようにと指...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
焼失し、仁王門に吹き付ける火の勢いはことさら恐ろしく、仁王尊をはじめ伽羅仏の尊像
の毘沙門天・大黒天を焼き払い、早くも左右の店に襲いかかり、引き続く火事の勢いはま
すます盛んになります。そうするうちにも横山・宇...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
人である。・・・・・・」などと主張しました。そこで、義仲の軍勢は、僧たちが反抗す
るなら、すべて残らず焼き払えと、その夜10万の軍勢が松明を用意し、油断を見すまして
忍び入り、数カ所の寺院に火をかけました。折か...