NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
善光寺の火災と復興トピック(テーマ)善光
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
善光寺の火災と復興トピック(テーマ)善光寺の火災と復興ねらい善光寺は何度も火災の難
にあっている。平安時代にも三回...
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の震災に横死した人の供養に立てた塚である。金の大仏山門の下にある。明暦年間の江戸
の大火、八百屋お七の火災の時に、焼死した人の供養のため、吉三郎が出家して、諸国の
有志の寄進を集めて造立したという。須磨の薬師...
寺子屋師匠の日記 [翻刻・注記]
寺子屋師匠の日記「当家初代好古堂芝産(注1)一代記 全 小沢和徳誌焉」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
詩作等も被遊候諸礼等委敷(くわしく)祖父団治へ不残御伝授有之右伝書等所持罷在候処
天保五甲午二月朔日夜火災ニ付其外書類焼失残念之至ニ候五男五藤次気性も能両親寵愛(
改頁)にて手習学問を励み俳諧等も心掛兄弟中も...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
は倒壊し[瓦屋根の家が最も倒れ易かったということです。萱ぶき屋根の家は一様ではあ
りません]、たちまち火災が発生して、老人と若者は互いに気遣う暇もありませんし、壮
年だからといって下敷きとなって負傷することが...
■諏訪の製糸業 附 金融機関 [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
に在り。即ち同社は主として繭の乾燥及び保管を為すの外、米穀・肥料其他各種の商品を
保管し、内外国数社の火災保険業者と特約して、一切の寄託物を火災保険に附して其安全
を図り、且寄託主の要求に応じて質入証券及び預...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
辺り、また東町・岩石町・新町辺りも同様でしょうか、いずれが先とも後とも分からない
ほどです。新道からの火災は、西之門町・桜小路・阿弥陀院町とどこまで焼け広がってい
るかも分からず、町一面の炎が空に映っています...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、死骸の臭いに引かれて焼け跡を歩き回っているということです。そのため夜は通る人も
ありません。さらなる火災や盗難を恐れて、小屋ごとに拍子木を打ち鳴らし、ちょうちん
で照らして小屋の周囲を見回り、狼よけの鉄砲を...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
月二十四日の震災に横死せし人の供養に立し塚なり。金の大仏山門の下にあり。明暦年中
江戸大火八百屋お七の火災に、焼死人の供養の為、吉三郎出家して諸国の有志を以て立し
といふ。(改頁)1>須摩の薬師最勝院の本尊な...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
とちょう)を垂れ、秘仏におなりになった。これがその始まりである。考えてみると、善
光寺の仏閣はたびたび火災に遭って無常の姿を示したとはいうものの、善光寺如来の徳に
よって天下の衆生は志を奮い起こし、間もなく再...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
五年十月八日夜、横町より失火して海野町原町迄焼失す、斯の時の火事程大きなる火はな
し、上田始りてよりの火災なり、此時奥坊山林の良材を悉く伐出して火災の普請料に下さ
れたり、因曰、明治二巳年八月百姓暴動放火の時...
『長野史料』索引 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
、類次シテ覧者ニ便セン殊ヲ期セリ。請フ是ヲ以テ成書トナス勿レ。(改頁)4長野史料
索引天編一、水難二、火災地編一、地震一、山抜人編一、規定命令二、訴訟嘆願三、風俗
社会四、人物伝記(改頁)5五、田地戸口六、物...
長野県の災害についてトピック(テーマ)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
キーワード 概要を知るための ツール資料リスト雑誌長野県の災害長野県に発生した水
害、地震、土石流、火災、雪害、鳥害等について知 るとともに、防災意識を高める。水
害、地震、土石流、火災、雪害、鳥害 松代群...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
又カリネヶ岡、毘沙門・愛染・稲荷アリ」と書かれています。1-81大地震で家屋が倒壊
して下敷きになり、火災も発生して苦しむ人々を描いています。善光寺地震の悲惨さを伝
える、『地震後世俗語之種』を代表する絵です...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
る所の山野取わけて夥しといふ。疑ふらくハ大地震発する所の気、地中に満ち/\てもれ
たるにもありけるや。火災の後改暦、戊申の春を迎ふといへとも、松城より辰巳にかけ戸
倉・坂木辺の山続に至り、何所とも無く山野に徹...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
もあると思うので、心得るように御通達申し上げたく、早々にこのような次第である、八
月十日川口段兵衛殿へ火災の節、馳付人足が、放光寺村より参ることになったが、遠方ゆ
えかとかく延着して差しつかえがあるため、なる...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
も可有之哉ニ奉存候間、御心得可被成候、右御通達申上度、早々如斯ニ御座候、以上、八
月十日川口段兵衛殿江火災之節馳付人足、放光寺村より可参ニ相成居候所、遠方故?兎角
延着差支ニ相成候間、可成丈近く江申付置呉候様...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
1847)3月24日に起こった善光寺地震の被害は広範囲に及び、被害も家屋の倒壊ばかりで
なく、山崩れ、火災、水害などさまざまでした。その全貌を伝えるため、被災状況を地図
上に示した刷り物が流布しました。その最...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
紺屋町の子を入学させた庶民の学校。明治十一年、明治天皇北陸御巡幸の際、行在所とな
ったが、明治三十一年火災で焼失した。(注2)「疥癬」(かいせん)はダニの一種であ
る「ヒゼンダニ」がヒトの皮膚に寄生しておこる...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
となし、残りし家財こはれ戸や破れ障子を持運ひ、畳よ桶よ戸棚よと、老若女男女入交り
、上よ下へと散乱し、火災を遁るゝ辛苦の騒働、驚き歎く計りなり。 (改頁) 
是を見るより善左衛門、家内のも...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
リ、コヽニ命ヲ失フノ図」原本は「犀川洪水」ではなく、「犀川嵩水」になっています。
三災とは地震・水害・火災で、2-60にも「三災一時の大難」という語句があります。3つ
の災害を同時に受ける大難ということで、描...