NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
妻は鎮守の前の、少し筵で覆った狭い粗末な小屋に下女2人とともにおりました。左京と
義男は先日から野沢の温泉に行っておりましたが、あの辺りは地震はどうだっただろう、
早く帰ってほしい、などと思っていると、妻もこ...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
少しく莚なと覆ひたりし膝入る計のあやしの小やのうちに下女二人とともに居れり、左京
と義男ハ過し日野沢の温泉に浴しけるが、かの辺ハ地震いかに有しか、とく帰れかし抔思
ひつゝけけるが、妻も此事言出て、(改頁)とく...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
示しています。山や川を描くのは当然ですが、凡例にあるように、駅市(宿場)、本郷(
村)、支属(枝村)、温泉、新田、城、陣屋、古城、関、神社仏刹(寺院)、渡などが詳
細に描かれています。その中に「崩山」「焼失」...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
きれません。あるいは土砂・水・火などが湧き出ました]、流水や井泉もそのために枯れ
てしまいました[また温泉は出たものと出なくなったものがあります。中には温度が下が
って、冷泉になってしまったものもあります]。...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
さけ)ことに甚く[山林田園高低変替不可記。或ハ土沙水火ヲ湧発ス]、流水井泉これがた
めに涸(か)る[又温泉ニ出没アリ。中ニ温却テ冷ト変ル有]。舎屋(いへや)たふれ覆(
くつがへ)り[瓦屋最甚シト。萱舎モ亦不一...
■むしくら日記 [現代訳] 3巻 利
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
松本に遣りました。その子がそこここと言う方に連れて行きましたが、だれも親族だとい
うものがなく、浅間の温泉あたりで尋ねてみると、佐久郡から来た無宿者だというので、
しかたなく連れ帰り、幸五郎がしばらく預かって...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
幸五郎を付て松夲へ遣しけるか、渠かそこ爰と申ける方へ伴ひ行けれとも、誰有て親族と
いう者もなく、浅間の温泉辺にて尋しニ、佐久郡より来りし者にて宿なし也と申せしかは
、詮方なく伴ひ戻り、幸五郎暫く預りをれり、[...
浅間焼覚帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
々も、縁故者や親しい人のところへ逃げて行き、しばらくそこに滞在した。七月八日の浅
間山の噴火が上州万座温泉へも影響し、硫黄山が焼け、利根川へ焼け崩れた。そのため利
根川の水かさが増し、川を火が流れた。鎌原村を...