NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
寛保二壬戌歳満水記 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
くわん大きやうくわん目前にありて、耳のふたとなる、馬ハつながれながらにして死す、
家を流し、或ハ半潰、流家留る所を不知親子互に救ふとならす、漸二日午之刻ニ至りて水
落る、高き所に住居せし家々に (改...
寛保二壬戌歳満水記 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
木町橋一紺屋町橋一片端(羽)町橋一御馬出橋一上御厩脇橋一下御厩橋この外諸所小橋が
多数落ちた一83軒[流家潰家]共ニ流死1人、流死馬1疋新馬喰町一9軒流家一10軒潰家、27
人流死、西寺尾村一53軒潰家一2軒...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
押切レ、御三領水入ニ相成候へとも、永荒之場所ハ多分須坂御領多相見候、福嶋村五六尺
より壱丈位住居水入、流家も有之、流れ来り候、又ハ大木等往来へ押倒し有之、右流家
屋根を致往来候場所間々有之、(改頁)4御預所...
小諸洪水流失改帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
中刻過ニ中嶋平六・中田傳右衛門着府、混雑之砌候間、御連状不来、右之趣口上ニ而被仰
遣候、一御扶持人之分流家流失改メ但シ御在所八月七日発九日着 (改頁) 一
城下町方流家改メ書一同流死改書一...
小諸洪水流失改帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ろどころ水害のため難儀し、ようやく七日に使いが到着した。とりあえず口頭で報告した
。(中略)覚御家中の流家半流潰家は11軒、下目附から御与御中間まで流家17軒、合計38
軒である。流死は昨日までで侍身分の妻子...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
料から被害高の一部を書き抜くと、次のようになる(別の写本で一部補足)。本町・六供
・田町・荒町・市町の流家合計二五四軒(含寺四、宮一)内、流家一九三軒、潰家三三軒
、土蔵二八軒流死(家中・郷中間・召使いなど)...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
料から被害高の一部を書き抜くと、次のようになる(別の写本で一部補足)。本町・六供
・田町・荒町・市町の流家合計二五四軒(含寺四、宮一)内、流家一九三軒、潰家三三軒
、土蔵二八軒流死(家中・郷中間・召使いなど)...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
料から被害高の一部を書き抜くと、次のようになる(別の写本で一部補足)。本町・六供
・田町・荒町・市町の流家合計二五四軒(含寺四、宮一)内、流家一九三軒、潰家三三軒
、土蔵二八軒流死(家中・郷中間・召使いなど)...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
料から被害高の一部を書き抜くと、次のようになる(別の写本で一部補足)。本町・六供
・田町・荒町・市町の流家合計二五四軒(含寺四、宮一)内、流家一九三軒、潰家三三軒
、土蔵二八軒流死(家中・郷中間・召使いなど)...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
料から被害高の一部を書き抜くと、次のようになる(別の写本で一部補足)。本町・六供
・田町・荒町・市町の流家合計二五四軒(含寺四、宮一)内、流家一九三軒、潰家三三軒
、土蔵二八軒流死(家中・郷中間・召使いなど)...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
たり、上堰より千曲川へハ多分に押入し、上中下の堰小山堰も皆押潰して一面の河原にし
たり、川中嶋川北川東流家夥し、御届をみてしるへし、○第一番の注進西沢甚七郎也、続
きて原田糺戻り来り、犀口にて人足指揮いたし、...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、是も其時之事、草間村宮坂之上へに三四軒、是も其時より、牛出村是者千曲川ばた居村
有之候所、大水故潰家流家等出来ニ付今の所へ出ル、其外ハ存不申候、是者親之物語ニ而
承ル (改頁) 恐多奉存...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
屋敷残、北側ニ而権兵衛屋敷、惣五郎・庄右衛門・忠兵衛家半分、或ハ三分一程宛残ル、
本町家数弐百三拾六軒流家、流死男女共ニ三百九拾七人、馬拾四疋、其外往来旅宿之もの
数不知候、新町ニ而流死男(女脱カ)共ニ弐拾九...
寛保二壬戌年金井村戌出水万覚留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
の通りかと質問を受けた。報告の通りで間違いなく、そのほかには飢人は一人もいなかっ
たと答えた。一53軒流家240人一9軒倒壊した家29人一3軒被害を免れた家20人11人は書き
落とし一19疋の馬のうち14疋が...
寛保二壬戌年金井村戌出水万覚留帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
夫食等押流及、飢候百姓人別委細御吟味之上、少も無相違申上候、尤右之外当時飢人一切
無御座候、一五拾三軒流家弐百四拾人一九軒たをれ家弐拾九人一三軒立家弐拾人拾壱人書
落シ (改頁) 一馬数拾...
宮坂弥五左衛門古記録 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れる数値二点に着目する。①八月朔日昼四ツ時分(8月1日10時頃)大洪水。②水の深さは
3.5メートル。流家65軒、潰家28軒、流死人158人。上田城下町に残る史料(「伊藤家文
書」)によれば、この日上田地域の...
寛保二戌年水害御届書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
使えなくなりました、一、侍屋敷113軒に泥砂が押し込み大破しました、一、城下町の大
小橋流5ヶ所一、同流家75軒一、同潰家106軒一、流死人男16人女23人一、流死馬15疋右の
とおり、城内並びに侍屋敷、町家...
寛保二戌年水害御届書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
付武具蔵江砂泥押込武具過半用立不申候一、侍屋敷百拾三軒泥砂押込及大破候一、城下町
大小橋流五ヶ所一、同流家七十五軒一、同潰家百六軒一、流死人男拾六人女二十三人一、
流死馬拾五疋右之通城内并侍屋敷町家損失流死等...
寛保二戌年満水御届書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ヶ所一、山抜988ヶ所但、田畑へ押し込んだ故、永く田畑に向かない場所も多くあります
一、寺流4ヶ寺一、流家1,733軒一、潰家857軒一、半潰家254軒一、流船2艘一、流死人男
470人女750人一、流死馬5...
寛保二戌年満水御届書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、大小橋流百九拾七箇所一、山抜九百八拾八ヶ所但、田畑江押懸申候故永悪之場所多御座
候一、寺流四箇寺一、流家千七百三拾三軒一、潰家八百五拾七軒一、半潰家弐百五拾四軒
一、流船弐艘一、流死人男四百七拾人女七百五拾...