NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
御名○国役御普請御願(改頁)6私領内信濃国埴科郡・水内郡・更級郡・高井郡之内千曲
川・犀川、寛保二戊年洪水ニ而、城地損壊領内荒所多罷成、其後明和二酉年猶亦洪水ニ而
損亡夥敷、明和五子年奉願国役御普請被成下候以...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
の材木が漂着しましたが、それがこの橋梁なのでしょう。10丈余もある材木を押し流し、
ここに漂着させた大洪水の、何と恐ろしいことでしょう。その他数百の村々の家や蔵を押
し流し、あるいは破壊し、田畑を荒して、すべ...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
したりけるハ、是其橋梁ならん。拾丈余の材木滞る (改頁)7 間もなく爰に
漂着せし洪水のおそろしさよ。其外数百村の家・蔵を押流し、或ハ損ひ田畑を荒し、一切
万物水屑に沈み三災変化の事ともな...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
光案内図として図中の文上段の文章弘化4年(1847)3月24日の善光寺地震の発生から、4
月13日の大洪水を経て10月に至るまでの、経過をまとめています。その概要は次の通りで
す。(大地震発生)大地震によって...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ニ及フ、依テ中心ヲトリテ七間半ヲ退テ縄張ヲ極メ築タリト云ヘリ、元和十年ヨリ享保十
四年迄凡百余年、年々洪水ノ為ニ岸ヲ嚼マシテ岸ニ塁地少ク成タリ、原氏ノ先見明カナリ
ト云フヘシ、一古老筆記ニ此築城ノ節、近辺ノ墓...
「戌の満水」(寛保2年の洪水)による小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
「戌の満水」(寛保2年の洪水)による小諸の被害トピック(テーマ) ねらい キーワード
概要を知るための ツール 雑誌インターネッ...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
とも呼ばれている)・中沢川などが注ぎ、千曲川へ流れ込んでいる。「戌の満水」の際に
は、もちろん蛇堀川も洪水を起こし、蛇堀大橋を破壊するなどの被害を与えたが、より大
きな被害を与えたのが、松井川と中沢川であった...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
とも呼ばれている)・中沢川などが注ぎ、千曲川へ流れ込んでいる。「戌の満水」の際に
は、もちろん蛇堀川も洪水を起こし、蛇堀大橋を破壊するなどの被害を与えたが、より大
きな被害を与えたのが、松井川と中沢川であった...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
とも呼ばれている)・中沢川などが注ぎ、千曲川へ流れ込んでいる。「戌の満水」の際に
は、もちろん蛇堀川も洪水を起こし、蛇堀大橋を破壊するなどの被害を与えたが、より大
きな被害を与えたのが、松井川と中沢川であった...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
とも呼ばれている)・中沢川などが注ぎ、千曲川へ流れ込んでいる。「戌の満水」の際に
は、もちろん蛇堀川も洪水を起こし、蛇堀大橋を破壊するなどの被害を与えたが、より大
きな被害を与えたのが、松井川と中沢川であった...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
見えます。対岸の山際には松代城下があり、松代城が描かれています。この穏やかな平野
も、4月13日には大洪水に見舞われることになります。2-33岩倉山(虚空蔵山)が崩壊し
犀川を堰き止めてできた天然ダムは、4月...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
とも呼ばれている)・中沢川などが注ぎ、千曲川へ流れ込んでいる。「戌の満水」の際に
は、もちろん蛇堀川も洪水を起こし、蛇堀大橋を破壊するなどの被害を与えたが、より大
きな被害を与えたのが、松井川と中沢川であった...
宮坂弥五左衛門古記録 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
く、古老の言い伝えはあるものの、長いこと被害の実態がつかめなかった。「古記録」は
犠牲者数だけでなく、洪水の発生日時、復興の過程なども記されており、寂蒔地域の「戌
の満水」研究にとっては画期的な史料である。ま...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
舞い、大震災の被害の実態を目の当たりしました。また4月13日に犀川のせき止め場が決
壊して善光寺平が大洪水になった折も、高井郡や埴科郡の養蚕家を訪ねるために出張中で
、妻女山(長野市松代町)から一部始終を見て...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎山と川とに付きて
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
となるのであるが故に、下流に至つても矢張(やは)り清流であつて、降雨の時などでも濁
流となることがなく洪水などの恐れが少なく、随(したがっ)て河幅が狭くても水の汎濫す
る様なことはない。そして夏の炎天となつて...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
番所があり、北には善光寺七社の一つ、木留明神(木留神社)が描かれています。左には
「春ノ雪解ノ増水或ハ洪水等ニ因テ、船塲口ノ位置変更スルヲ以テ、夜燈前ヨリ南ハ往来
口三方ニ別レヲリタルヲ示ス」と書いてあります...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、この土が百間堀に突き上げられたものと思われます。◯御蔵屋敷も所々傾き傷んでおり
ます。評定所は寛保の洪水(1742年)の時に水が入ったままで、次第に老朽化し傷んで、
8、9年以前よりご普請の要請がありました...
寛保2年 戌の満水 原町問屋日記より [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
しながら見ていきます。・旧暦の七月二七日から八月一日(新暦八月二七日から三〇日)
にかけての豪雨による洪水を戌の満水といいます。したがって八月一日は豪雨が終わった
日ということになります。上田地域では被害が続...
寛保2年 戌の満水 原町問屋日記より [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
一八月一日は激しい風雨になり前代未聞の洪水になりました。助右衛門が所持していた小
牧村下川原と常田村の田畑が荒れ果ててしまいました。一田中宿は流...
千曲川・犀川と水害についてトピック(テー
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
大きな水害も引き起こ してきた。その水害の歴史と治水について知ることは重要である
。寛保2年 千曲川大洪水 戌の満水 千曲川の自然、荒れる千曲川 用 水と上下水道 
渡船と通船 自然堤防と人 民俗 たたかいの...