NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
兎のお吸い物を振る舞うこと幕府の吉例にしたといいます。林という姓も、徳川氏から賜
ったものといいます。江戸時代には、この地は免田(めんでん)として、税を免除されて
いました。40左林藤助旧趾は、広沢寺門前を北へ山...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
児童謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
ぼうちよ(注9)に蜂にお手をさされて痛いとも言はずかい(注10)とも言はず唯泣くば
かりしよ。注1. 江戸時代、村の行政事務をあつかった者。(主に西日本での呼び名。東
日本では名主(なぬし))。2.「本田髷(ほん...
「内藤家十五世紀」(十一)(藩校進徳館設置のこと) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
のです。本編10冊のほか、編輯事歴や付録などを合わせて18冊からなる叢書です。この記
録は、小松利時が江戸時代に編纂された内藤家の家史「世乗」や「内藤家言行録」、「藤
葛」等の記録を元に、旧藩士らから収集した資料...
■信州飯田町家扣 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
町人が4人いました。「綿屋半三郎家」「綿屋小三郎家」「綿屋留兵衛家」「綿屋甚左衛
門家」です。このうち江戸時代を通して続いているのは、「綿屋半三郎家」「綿屋小三郎
家」で、特に「綿屋半三郎家」(現在の綿半ホールデ...
近世北信濃の酒造トピック(テーマ) ねら
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
い キーワード 概要を知るための ツール資料リスト雑誌インターネット情報 新聞近世北
信濃の酒造近世(江戸時代)の農民の生活について、地域社会における酒造りの実 態を
とおして調べる。年貢米 天領 金納 石代納 ...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
尊と結んだ善の綱がないことが分かります。最も注目すべきは、回向柱に触れようとする
人がいないことです。江戸時代の回向柱を描いている貴重な絵です。1-38~42御開帳の
初日(弘化4年3月10日)に行われた大勧進別...
絵頭入書百性往来童子宝全 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
[目録]東御市文化財保護審議会寺島隆史江戸時代の寺子屋で使われた初歩の教科書を往来
物と総称しますが、各種の職業に関する指導書もありました。これは百...
千曲川・犀川と水害についてトピック(テー
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
千曲川大洪水「戌の満水」を歩く著者名 出版社 出版年信濃毎日新聞社/編 信濃毎日新
聞社 2002.8江戸時代中期の1742年、長野県と関東地方を襲った歴史的な洪水「戌 内容紹
介 の満水」の千曲川流域をルポ、そ...
女流の信仰物語、善光寺への女旅日記トピッ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
/著出版社 銀河書房出版年 1979.1内容紹介 「虎御前の参詣」の話などが収められてい
る。4 書名江戸時代女流文芸史 旅日記編(笠間叢書)1/2 女流の信仰物語、善光寺へ
の女旅日記著者名 前田淑/著出版社 ...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
1、御用留
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
しっかりしているもののひとつに御用留があります。これについて、『新版日本史辞典』
(角川書店)には、「江戸時代の文書の一様式。上級役所からの達書(たっしがき)や触
書(ふれがき)、下からの願書や届書を書きとめたも...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の久米由太郎は引責自決した。(注九)横吹新道慶長十六年(1611)頃、改修により開か
れた北国街道は、江戸時代の宿駅制度に大きな役割を果たした。しかし、「横吹八丁」と
いわれた横吹山の山腹を通る山街道は、北国往還...
■善光寺案内 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
7年、33年、39年、45年に行われています。以降は大正7年、13年、昭和5年、11年と続き
ました。江戸時代の善光寺御開帳は不定期に行われていましたが、明治15年以来、子(ね
)年と午(うま)年に行われるように...
■善光寺道名所図会 [解説]
善光寺道(北国脇往還)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
江戸時代には善光寺へ向かう道筋は、たいてい善光寺道といわれていましたが、とくに、
中山道(なかせんどう)の洗馬...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之四
○埴科郡坂木
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、縁起を担いでか「榊宿」と記されたこともありました。(注2)現在は坂城と表示しま
す。(注3)鼠宿村は江戸時代、松代領でした。(注4)中之条村の中央、北国往還から30
メートル程西に入ったところに、幕府の中之条代...
■宿継要書留 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
。この帳面は、「宿継要書」と表紙に書かれていますが、宿継に関係するいろいろな書類
を書き留めた帳面で、江戸時代初期から中期くらいまでの書類が集められています。人や
荷物の継送りをする伊那街道の宿場と、荷物を付け通...
■拾八町家並帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
[目録]松川町資料館伊坪達郎江戸時代の飯田町の成り立ちやしくみについて知ることので
きる史料はいくつかありますが、「拾八町家並帳」のように...
天保饉愁 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
[目録]東御市文化財保護審議会寺島隆史江戸時代後期、天保年間に起こった天保の大飢饉
についての手記です。凶作により高騰した上田や江戸ほかの穀物相場も...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
と、「天保14(1833)年閏9月写之」とあり、途中に「弘化2(1845)年2月写之候」とあ
ります。江戸時代後期に、それまでの様々な記録の中から、商売の約束に関する記録を取
り出して、筆写したことがわかります。...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
真田氏上田領・沼田領の石高
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
高、つまり上田領の石高は「三万八千石」とされていた。しかし、この上田領つまり信濃
国小県郡一円の石高は江戸時代初期以降は約六万五千石とされている。同じく慶長五年ま
での信幸の沼田二万七千石(上州利根郡・吾妻郡)は...
■松代イラストマップ
5旧樋口家住宅
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
表門、土塀、板塀が修景・復元され、見学に供されている。樋口家の家紋は三つ鱗紋。藩
の目付役などを務め、江戸時代末期は禄高が二三〇石だった。同家は、江戸時代中期の明
和二年(一七六五)、六代樋口角兵衛邦蕃の時に、殿...