NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
向かうところなのでしょう。先頭は「光明遍照」「十方世界」の旗が立つ山門前に達して
います。1-46著者永井善左衛門幸一が御開帳を当て込んで、駒返橋の北に出店した土産
物店梅笑堂の図です。1-35の境内図の、ぬれ仏と向かい...
善光寺地震トピック(テーマ)善光寺地震ね
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
ル資料リスト善光寺 弘化四年 虫倉山 虚空蔵山 松代藩 むしくら日記 河原綱 徳
 地震後世俗語之種 永井善左衛門幸一 権堂村 川津波 山抜け1 書名著者名 出版社
出版年長野市誌 [第一巻・第四巻・第八巻]長野市誌編...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
『地震後世俗語之種』の価値
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]長野郷土史研究会小林一郎『地震後世俗語之種』は、権堂村名主の永井善左衛門幸
(さちかず)が、善光寺地震(1847年)の体験を子孫に伝えるために書き残した絵入り
の本です。文章によ...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
著者
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
『地震後世俗語之種』を著した永井善左衛門幸一は、善光寺大勧進家老久保田家に生まれ
、権堂村名主永井家の養子となって、20歳で名主に就任しました。権...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
『地震後世俗語之種』の諸本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
原本永井善左衛門幸一の自筆本で、永井家に伝えられています。永井家文書として長野市
指定有形文化財となっており、『善光寺大地...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
知るよしもありません。連れ立って出店の梅笑堂に到着しました。四季に絶景の仮寝が岡
の風流したみの喜源(永井善左衛門幸一)述春は梅の香りを慕って鶯が初音をさえずりな
がら軒を巡り、桃や桜が咲き海棠(かいどう)の花に露が置く...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
『地震後世俗語之種』の価値
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]長野郷土史研究会小林一郎『地震後世俗語之種』は、権堂村名主の永井善左衛門幸
(さちかず)が、善光寺地震(1847年)の体験を子孫に伝えるために書き残した絵入り
の本です。文章によ...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
著者
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
『地震後世俗語之種』を著した永井善左衛門幸一は、善光寺大勧進家老久保田家に生まれ
、権堂村名主永井家の養子となって、20歳で名主に就任しました。権...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
『地震後世俗語之種』の諸本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
原本永井善左衛門幸一の自筆本で、永井家に伝えられています。永井家文書として長野市
指定有形文化財となっており、『善光寺大地...
善光寺四十九霊地トピック(テーマ)善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
永井善左衛門/絵出版社 銀河書房出版年 1985.12地震後世俗語之種の翻刻。これは、権
堂村名主の永井善左衛門幸一内容紹介 が、善光寺地震(1847年)の体験を子孫に伝える
ために書き残した絵入りの本。5 書名国宝善...