NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
た。和田村は火事跡で、村民総出でゞ取片付中であった。峯をくだって、豊橋に来た頃は
既に夕暮れであった、武田耕雲齋(注1)が、部下に今弁慶と其(そ)の名を響かせた、
不動院全海なるものがあった。松本高島の両藩と...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
大膳太夫美濃国土岐郷ニ住暦応二年卒嘉慶元年卒七十 頼重頼春頼則(イ夏)一本郡下之郷
ノ社蔵永禄十丁卯年武田家へ信州諸士ノ起請文ノ中北方衆トシテ上田七郎兵衛常吉ト云フ
人見ユ、シカレドモコレハ此地ノ住人ニハアラ...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
2.木曽の歴史
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
孫家村、足利氏の始に当りて功あり、木曽に封ぜられ須原に館す。是より世々相伝へて義
康に至る時に、甲州の武田信玄数々(しばしば)辺境を侵し相拒(ふせ)ぐこと数歳なり。後
和を講じ互に女を以て質となす。義康の子を...