NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
寛保2年 戌の満水 原町問屋日記より [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
りましたが、それぞれの宿はそれほどの被害を受けませんでした。・千曲川筋で流死した
人々の遺体は秋和村の正福寺へ埋葬するよう、上田藩主が申しつけました。正福寺境内の
入り口には現在も「千人塚」と呼ばれる戌の満水に...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
たので、その旨を同役へ頼み遣し、郷目附へ申し上げるはず、(改頁)三月二十四日快晴
、暖い、一、鎌田村の正福寺の看住願い、御聞届、一、小林源市郎殿へ桐原分より引越し
願い、許される、一、正麟寺隠居願いをようやく差...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
日延願度段申出候間、其段同役へ相頼遣し郷目附へ申上候筈ニ候(改頁)164三月廿四日
快晴、暖し一鎌田村正福寺看住願御聞届一小林源市郎殿江桐原分より引越願御免一正麟寺
隠居願漸々差出ス一去年地震ニ付、候日ニ当り候...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
流されてきてあわれでした。上田城主松平伊賀守様は、千曲川近くの村々へ命じて流死者
を収容させ、秋和村の正福寺に無縁塚を建てさせ、法事をしてくださった由、ありがたい
ことです。当所でも、十一月一日に川原で法事があ...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れ成事ニ候、右川流死人上田御城主松平伊賀守様ニ而者、流人を川近之村々江被仰付取上
ケ、あき村(秋和村)正福寺寺中ニ無縁塚被仰付法事成被下置候由、難有御事也、当所に
ても十一月朔日ニ於川原ニ御法事御座候、清水町塚...
寛保二壬戌年金井村戌出水万覚留帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
記録では、8時過ぎこれらが上田城下の千曲川に漂着したという(『伊藤家文書』)。流
れ着いた死体は秋和の正福寺に埋葬された。「万覚留帳」には新村建設の過程も記されて
いる。『東部町誌』によれば、次のようである。生...
寛保2年 戌の満水 原町問屋日記より [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
畑への被害がありましたが、宿々への被害はそれほどではありませんでした。一千曲川筋
からの流死者は秋和の正福寺へ無縁塚を建てて埋葬するよう、上田藩主様がお指図しまし
た。以下、流死者等についての記述が続きますが、...
寛保2年 戌の満水 原町問屋日記より [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
山通(ママ)之内、望月宿砂入、其外ハ田畑。大分損事候得共、宿々ハ差而之儀無之候。
一近所川筋流死、秋和正福寺中へ無縁塚被仰付候。
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
水にして、当郡諏訪部河原に流留る溺死人夥敷と雖、誰某の見認もなく、無拠領主役場に
て之を取纏め、秋和村正福寺之境内に一塚を築き墓碑を建て、唯溺死人之墓として吊祭を
なせり、百姓一揆騒動之事 (改頁)2...