NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
寛保二壬戌歳満水記 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ヨリ100間余、但高堰迄、中堰下幅9間余押入り埋り4尺余、大ロヨリ91間余、下堰両待居
不残押払い、上横田村一家5軒流、潰家6軒、13人流死、下横田村一家42軒内19軒は流れ、
1軒は潰れ、残りは半潰、橋3ヶ所...
寛保二壬戌歳満水記 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
堰迄、中堰下幅九間余押入埋り四尺余、大ロヨリ九拾壱間余、下堰両待居不残押拂、&nbs
p;(改頁)9上横田村一家五軒流、潰家六軒、拾三人流死、下横田村一家四拾弐軒内拾九軒
ハ流、壱軒ハ潰、相残半潰、橋三ヶ所流、...
■むしくら日記 [現代訳] 2巻 亨
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
里方への出口から左右の土手を破って乗り越え、そこから川中島一円に水が溢れ、城下よ
り1里ほど上手の同郡横田村辺りから千曲川下流に続く土地に一面に流れ出しました。水
の勢いは甚だ強く、下流から次第に溜まって来た水...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
押出、大川筋江押切、里方江之出口より左右之土堤押切乗趣、夫より川中嶋一円水押来、
城下より一里程上同郡横田村辺より千曲川下続ヘ一面ニ押入候、水勢甚強、下筋よりも追
々湛来交溢水ニ相成、専致逆流、居城際迄押上、城...