NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■明治3年歎願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
域は江戸中期には「上田縞」などの絹織物が高名で、蚕糸業が盛んになっていました。安
政6(1859)年の横浜開港当初から上田藩は積極的に生糸輸出をしました。しばらくして
蚕種輸出が解禁されると、上田小県地地域は...
■株式会社第十九銀行ト製糸業 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
第十九国立銀行ノ名ヲ以テ信州上田町ニ開業シタリ当時上田町ハ朱判稀無双等ノ名称ヲ以
テ座繰生糸(提糸)ヲ横浜ニ輸出シ其名全国ニ嘖々(さくさく:もてはやしほめること)
タルノ時代ナリシカハ放資オノツカラ生糸ニ向ヒ...
■原町問屋日記(安政六年) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
ら生糸輸出をしていた上田を調べていると興味をひかれる話題である。諸説あるなかで、
安政六年六月二十八日横浜で芝屋清五郎が(イギリス商人に)売ったという話が事実に近
いだろうと言われてきた。本当だろうか。上田藩...
■桜田門外之変速報 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
。上田市生田―旧小県郡丸子町飯沼―の吉池家は幕末から明治にかけて上田小県地域や信
州各地の生糸を集め、横浜へ出荷していました。上田地域にはこのように生糸を扱う大商
人が何人もいたのです。そのためこの地は上州の...
■明治3年歎願書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
した。特に上田藩内の蚕種紙は最もすぐれた品と称賛されてきました。毎年それぞれの家
で精を出して製造し、横浜へ出荷してきました。ところがこの夏、西洋で思いがけず戦争
(明治3年7月にはじまったプロイセンとフラン...
■諏訪の製糸業 附 金融機関 [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
るは上方に[ノボセル]の謂(いう)なり。安政五年海外貿易の開始せらるゝや、翌年九月
平野村林善左衛門、横浜商人の手を経て之を外人に売渡せるを生糸貿易の濫觴(らんしょ
う:起源)とし、是より生糸商業此地に起り、...
■諏訪蠶絲業紀要<昭和5年> [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
紂製糸工塲数及釜数並ニ職工数(九)諏訪人経営器械製糸総釜数五月一日現在累年比較(
一〇)信州系器械生糸横浜入荷高調(一一)生糸百斤生産費累年調(一二)長野県繭産額
(一三)長野県蚕品種指定の由来(一四)指定蚕...
■幕末の先覚者赤松小三郎と実母宛書簡 [解説]
横浜往復と「英国歩兵練法」の翻訳・刊行
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
元治元年(1864)9月、小三郎は征長の役従軍のため江戸へ出たが、これを好機として11月
横浜に至り、英国公使館付騎兵大尉アフリンに面会し、直接英人に就いて英学を学ぶ端緒
を開いた。当時英学者とし...
■明治3年歎願書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
別而蠶種紙之義者御國益第一之産物ニ有之、就中當御管内逸品与賞算仕候より、年増銘々
出精多分製作いたし、横濱表輸出仕候処、當夏ニ至西洋外国ニ於而不慮ニ戦争出来候趣ニ
而、洋銀為替方延引相成候間、賣買之季節旬後ニ...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
木材の欠乏を憂ふ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
に常に異様の感に打たれ、又はとんだ考へ違ひをなし滑稽(こっけい)を演じたるあり。即
ち出張すべき地名に横浜と称する所あり。盛んに横浜々々と連呼せらるゝ為テッキリ神奈
川県の夫れと思ひ、遠方まで行くものだと其の...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○小県郡上田
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
幕府の老中で、江戸城西の丸下を上屋敷としていました。彼は日本の開国・貿易を推進し
、上田藩は安政6年の横浜開港当初から、ヨーロッパなどへ生糸を輸出しました。(注2)
上田城下には海野町と原町に問屋がありました...
■原町問屋日記(安政六年) [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
(3)安政六年七月朔のみ神奈川交易(横浜港においての貿易)で、引き合いが済んだの
で、生糸をアメリカへ四十五駄、オランダ人へ七駄、そのほか香仁...
■原町問屋日記(安政六年) [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
之通産物交易売込共願人芝金杉片町中居撰之助と申者取扱御聞済之由ニ候(2)安政六年
六月二十四日一神奈川横浜貿易十九日相始糸引合相成候旨、此方より御用掛りニ罷出居候
武蔵屋祐助二十二日暁海野宿?罷越万屋万平江申...
■上田郷友会月報 創刊号 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
もし)クハ上田地方ニ縁故アル者ニ限ル第四条会員ヲ分ツテ通常会員及ヒ特別会員ト為ス
(但)通常会員ハ東京横浜其他交通便利ノ地ニ留寓シテ常ニ本会ノ集会ニ出席ス可キ者ヲ
云フ特別会員ハ居住地ノ何レナルヲ問ハス第三条...
■浅間山 [解説]
第三編 浅間山変異記
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
・草津・佐久郡小沼村・岩村田町・小諸町・東京・高崎・安中・松井田・伊勢崎・前橋・
浦和・熊谷・宇都宮・横浜・水戸・福島・沼津からの報告を載せています。終わりに、「
大噴火薬五十回」との見出しで、一二〇〇余年で...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
児童謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
16.語らん……「語らぬ(語らない)」の転。17.てぽう……鉄砲(てっぽう)の転。よ
ーい二首○よーい横浜調練場(注1)おつちよこちよいが笛吹きや足そろへ。○よーいよ
ーおい寝んねしな寝いれば葱(ねぶか)の嫁...
[解説]
3点史料の概要
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
務所編集によるものを第十九銀行岡谷支店名で発行した。項目は、「長野県器械生糸産額
」や「信州系器械生糸横浜入荷高調」、「器械製糸工女出身地方別調」、「諏訪製糸研究
会工場表」、「岡谷駅重要貨物発着トン数調査表...
[解説]
資金供給源の(株)第十九銀行略史
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
明治11年『銀行検査官報告書さつよう撮要(さつよう)』)とのことから生糸の集散地と
して繁盛し「信州の横浜」といわれる上田に目を付けたことによる。創立当初から製糸金
融にかかわる銀行であった。 1883年の国...
[解説]
「普通銀行の範疇に入らぬ銀行」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
る。そのため、銀行の自己資本だけではまかなうことができないことから、日本銀行や三
菱銀行、茂木商店など横浜の問屋からも借り入れて貸し出すということをした。例えば19
16・大正5年6月末の考課状では、総預金2...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
上田藩主なり。小河滋次郎君、欧洲へ出張につき、三月十六日錦輝館に於(おい)て送別
会を開き、二十三日に横浜港を、解纜(かいらん船出)された。戦局は既に威海衛(いか
いえい)陥(おちい)り、北洋艦隊全滅し、我陸...