NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
省書記官は今宵の行在所は郷里の事にあれば何がな御意にも叶ふべき、土地の産物を奉ら
んと思を焦がし、実弟森田斐雄(あやお)に其事を托し生きたる儘の鶉(うづら)五十羽
程を鳥籠に入れて、内膳課及び供奉大官に贈呈せり。...
■幕末の先覚者赤松小三郎と実母宛書簡 [解説]
江戸・長崎遊学
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
嘉永元年(1848)、18歳のとき青雲の志を立て、森田斐雄等と江戸に上り、幕臣内田彌太郎
の門に入り、算数・測量・天文・暦学・地理・蘭学等を学んだ。22歳嘉永5...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
承諾して私は吉岡銀一郎氏に談じ、両人で務むることゝした。衛生費の件で、会期は二日
間で無事終了、議長は森田斐雄氏(注1)で、種々指導を受けたが、私の筆記の出来映(
できば)いを特に誉められた。(注1)もりたあやお...