NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 洗馬
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
所が置かれているのは、東海道の府中のようです。そもそもこの洗馬宿は、木曽の深山幽
谷をのりこえてきて、桔梗が原の広野に出る最初の地です。木曽の喉にあたる重要な場所
で、繁昌していて、遊女なども大勢います。洗馬宿本...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 郷原
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
出て、この道へ来ています(塩尻からここまで2里)。ここに神明宮の森があり、祠の右
脇に立石があります。桔梗が原は、四方の山が遠くにある平原の地で、今は田んぼがひろ
がり空地はみえません。この辺の河原で、矢の根石(...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 洗馬
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
をなす、諸侯交代の荷物目方を改むる役所を置るゝ事、東海道府中の如し、抑此駅ハ吉祖
の深山幽谷を分凌ぎ、桔梗が原の曠野に出るの始なり、よつて木曽の咽喉なりと謂ふ、繁
昌の宿駅にして、遊女等多し、本陣の百瀬氏・志村氏...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 郷原
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、平林氏は俗称善五右衛門といふ、百姓にて、所々参詣の度数を末世に示して、子孫の後
栄を祈りしとなり、○桔梗が原[四方の山隔りて平原の地也、今ハ田甫となりて空地見へ
ず、]此辺の河原にて、矢の根石を捨ふ事あり、雨の...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
経て松本の城下に至り、再び越後の高田へ戻る方法がある。続いて関東を巡るには、木曽
路(中山道)に出て、桔梗が原、塩尻、下諏訪、和田峠を越して、芦田、望月、塩名田、
さらにどんどん行って、浅間山の麓、沓掛、軽井沢、...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ハら、岡田を経て松本の城下に至り、再び越後の高田へもとるもあり。直に関東を巡るに
は、木曽路にかゝり、桔梗が原、塩尻、下すハ、和田峠を越て、芦田、望月、塩名田、尚
行/\て浅間岳の麓、沓掛、軽井沢、笛吹峠など、信...