NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
校友会の起源と岐蘇林友の発達
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
が会合して、会員相互の智識を交換し、親密を図り、一致団結の精神を強固にするといふ
目的で、茲(ここ)に校友会が創立したのである。会則も議決せられて、会長には斎藤正雄
君、副会長には坪倉藤三郎君が当選せられ、中村...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
[注記]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
行日:ここでも巻末の奥付でも発行日は記されていないが、後掲『岐蘇林友』144号では
「同年10月18日校友会報第一号を発刊す」(「学校要覧」)としている。(注2)松田力熊(ま
つだりきくま):木曾山林学校初代校...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎山林校友会々報の発刊を祝す
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
11通常会員坪倉藤三郎(注16)吾が山林校友会の機関雜誌は今月今日を以て本校内に生れた
のであります。私等は実に此(この)好い機運に際会するの幸福を...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
[目録]木曽山林資料館山口登『木曾山林学校校友会報』1号は、開校2年目に校友会から刊
行された。この中で初代校長松田力熊は6項目の教育方針を示し、日本...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
校友会収支決算
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
bsp;(改頁)32 一、金48円70銭寄付金収入合計金48円70銭支出一、金41円64銭校友会
運動会費一、金7円6銭経常部へ繰越合計金48円70銭差引なし右之通り相違ありませぬ明治
35年6月15...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
[注記]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
*この注では、木曾山林学校のことを「木曾山林」、校友会報のことを「会報」、岐蘇林
友のことを「林友」と略記することとする。 (注1)岡部喜平:木曾...
■岐蘇林友 第十九號 [ルビ・注記]
[注記]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
えばた):江畑猷之允(ゆうのじょう)第二代校長。すでに《解説》で紹介したとおり、卒
業生まで巻き込んだ校友会の刷新更張を提唱し、自らそのリーダーとして力強く推し進め
た。(注2)本編は……翻訳せし者:1908年...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
学校要覧
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
て金1,500円、36年度以後は毎年金2,000円宛郡立中交付せらるゝことゝなれり〇同年10月
18日校友会報第1号を発刊す〇同37年3月第1回卒業生28名を出す〇同38年12月長野県会に
於て明治39年より県...
■木曾山林学校の明治・大正期の資料
[総合解説]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
などは改めた。また段組もその趣旨で変更した。その他は、本アーカイブの基準に従った
。(2)参考資料・『校友会報』1号~『岐蘇林友』164号、及びそれらの『総目次』(木曾山
林資料館)・木曽山林高校百周年記念誌『...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
[本文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
………………………………10023.諸種会合………………………………………………………
…10424.校友会則…………………………………………………………10625.生徒父兄ニ望ム
……………………………………...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
19.在学中学資金予定
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
銭食費6円00銭自炊制度に依るが故に、食費僅少なるに比し食料品は 頗る善良なり筆墨其
他雑費1円70銭校友会費20銭合計9円00銭注意此外入学後新調を要すべき物品及び見込代価
は大凡(おおよそ)左の如し但、一時...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
23.諸種の会合
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
するもの」の表は原本ビューワ55コマを参照)以上列記する処、通学生会あり、寄宿生会
あり、一団としては校友会あり。各生は是等の会合に於て講演を傾聴し全生一堂の下に会
食をなし一 (改頁)56 ...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎発刊の辞
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
木曾山林学校々友會報第一號2(明治35年10月日発行)(注1)  ◎発刊の辞校友会
報は校友相互の気脈を通じ智徳を研(みが)かんが為(た)めに、三伏(さんぷく:夏の極暑
の期間)の暑さを...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎実験談
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
業上の学識は勿論の事経験も皆無の事ですから迚(とて)も林業上の事には嘴(くちばし)が
出ませんが、茲に校友会報の余白を借りまして聊(いささ)か述べやうと思ふのは実験に係
る事、即ち蚊が扁柏(ヒノキ)を忌むと云ふ...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎木曾山林学校々友会々則
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
致団結の精神を鞏固にするにあり第3条本会の目的を達せんが為めに左の方法を設く1、機
関雑誌として年2回校友会々報を発刊し会員に分つこと2、学理経験に富みたる人士を聘(
へい:招く)し演説講話を乞ふこと3、集会を...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
[本文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
身地調9、卒業生出身地調(6)職員名簿1、旧職員一覧2、表現職員一覧(7)卒業生名簿(8)在
学生氏名校友会の起源と岐蘇林友の発達20周年記念号の終に本校位置略図 (改頁)&n
bsp;口絵写真本校新...