NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
岩英治トピック(テーマ) ねらい キー
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
岩英治トピック(テーマ) ねらい キーワード 概要を知るための ツール資料リスト
英治長野県の史学...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、御目見え仰せつけられ、大庄屋の皆と例のとおり在方の者も出席し、午後2時半に終わ
った。大庄屋の藤森・林・丸山・等々力・清水・上原・中沢・中田・小藤井・小藤森が
出席した。4日、寺院の御目見えを仰せ付けら...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
正月5元旦二日三日一当日御目見被仰付、同役一統并例之通在方俗者罷出、首尾八ツ時半
相済、同役藤森・林・丸山・等々力・清水・上原・中沢・中田・小藤井・小藤森四日一
当日寺院御目見被仰付、鍛之助差出是又首...
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
寺の前の坂をいう。また袖引坂ともいう。庵跡堂観世音曽我五郎致宗(ときむね)の妾、
虎法尼の開基である。田家の系譜によれば、芹田村に小形郡司直秀という郷士がいた。
田家に仕え、忠勇の士であった。長篠の合戦...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
り。布引坂石堂町西光寺前の坂をいふ。又袖引坂トモいふ。虎跡堂観世音曽我五郎致宗の
妾虎法尼の開基なり。田家系譜ニ曰、芹田村に小形群司直秀といふ郷士あり。田家に
仕へ、忠勇の士なり。長篠合戦の時、武田の軍...
■戸隠善光寺往来 [解説]
十返舎一九と信濃
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
たのは、文化8年(1811)で、中山道を軽井沢から木曽路へ抜けています。これをもとに
、『木曽街道続膝毛』第3編(文化9年)、第4編(文化10年)、第5編(文化11年)が書
かれています。文化11年(18...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、善光寺へ参籠して関東へ赴きました。了智もこれまで供奉してきたところ、鸞師の命に
より、信濃国に残り、林村で草庵を搆え、一向専念の義をここで始めて弘通されました
。ついにこの地で往生の素懐(そかい、かねて...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
善光寺出火ニて類焼仕、少々つゝハ小屋懸出来申候、権堂村土蔵迄も不残焼失、掃払し、
野中之様ニ相成申候、田村ハ地震水災共無御坐候、[以下畧之、]○御家中破損水道役改
[塀倒等ハ改なし、]殿町岩崎勝介居宅東之...
■戸隠善光寺往来 [解説]
一九の作品中の『戸隠善光寺往来』の位置
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
は、一九にとって記念すべき年でした。享和2年(1802)から21年間にわたって書き続け
てきた『道中膝毛』『続膝毛』が、ついに完結したからです。江戸を出た弥次郎兵衛
と喜多八の2人は、伊勢神宮に参詣し、...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、善光寺へ参籠まし/\て関東へ赴き給ふ、了智も是迄供奉せし処に、鸞師の命により、
当国に残り、(改頁)林村におひて草庵を搆へ、一向専念の義を此地に始て弘通せられ
、終に此所にて往生の素懐を遂られたり、夫よ...
『説諭要略』巻一 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
県ヨリ羽檄(うげき)(注2)ヲ馳(は)セテ。帰県ヲ促ト云。依テ其状ヲ布逹シ。帰路ニ赴ム
キタリ。然ルモ矢村(注3)ト云ハ。兼テ先触状ヲ以山本村翌日ノ泊ヲ命シタリ。其村大
ニ喜ヒ。地方官長ノ親臨(しんりん)...
昔の旅人トピック(テーマ) ねらい昔の旅
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
スト中山道 善光寺道 江戸時代の旅人 善光寺道名所図会、木曽路名所 図会、木曽街
道六十九次、道中続膝毛、方言修業金草鞋 犀川通船 信越線 篠ノ井線の開通1 書名
江戸の旅 [上下]:道中記・名所図会を読...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で行き、様子を尋ねたところ、高島御城下は穏やかな様子だということで引き返し、再び
松本へ出て、そこから尾山へ行きました。途中の田川・木曽川・梓川。穂高川・高瀬川
など特に異常もないとのことで、これらの川は...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、此処より諏訪御領境百瀬村迄罷出、様子承合候処、高嶋御城下ハ穏之様子ニ付引返し、
再松本へ罷出、夫より尾山江罷越候、途中田川・木曽川・梓川・穂高川・高瀬川等別条
無之由、右川々押野村ニ而落合犀川江入候、此...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
のお弟子となって、釈了智と法名をいただいた。この地でしばしば教えを受け、縁があっ
て信州にやって来て、林の郷(松本市島立)に一寺を起こし、正行寺と名付け、称名念
仏を怠ることがなかった。(林という地は松...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
弟子と成り、法名を釈了智と賜ハりける。爰におひてしバ/\御勧化の益を蒙り、所縁有
によつて信州に立越、林の郷に一宇を起立し、正行(改頁)寺と号け、専ら称名念仏怠
る事なかりき。[林といふハ松本より一里西...
■松代イラストマップ
41龍潭山明徳寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
庭池があり、初夏、産卵期を迎えたひきがえるが群集する。参道左手に太平洋戦争で玉砕
した硫黄島軍の司令官林忠道と日中和平工作に奔走した今井武夫の顕彰平和宣誓碑。境
内墓所には高坂弾正とその臣小池主計(かずえ...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
は引責自決した。三月某日から、街学校に出勤することゝなった。教員の主席は增田先生
で、次席が新田義徳、山誠蔵の両氏で、其の以下は若林慶諟、依田悌三郎、小松彦次郎
、上島徳義、土屋筑溪、松前朝道、增田健太郎...
善光寺参詣と善光寺道についてトピック(テ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
要を知るための ツール善光寺道名所図会 諸国道中商人鑑 木曽路名所図会 木曽街道
六十 九次 道中続膝毛 方言修業金草鞋 滑稽旅賀羅寿 更科紀行 十 返舎 一九 
芭蕉 一茶1 書名著者名 出版社 出版年...
信州の「道」 トピック(テーマ) ねらい
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
旅行、千曲川通船、信越線、高 速道路 善光寺道名所図会、木曽路名所図会、木曽街道
六十九次、道 中続膝毛、方言修業金草鞋等概要を知るための ツール1 書名著者名 出
版社 出版年信州の鉄道物語 [上・下]...