NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (1 件)

[目録] 2.紀行文・道中記、地誌 (8 件)

[目録] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (1 件)

[目録] 4.地域の記録 (3 件)

[目録] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (1 件)

[目録] 6.行政、政治等の記録 (2 件)

[目録] 7.教育、人物・伝記 (17 件)

[目録] 8.民話、俳諧、絵画等 (0 件)

[目録] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (79 件)

[本文テキスト] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (20 件)

[本文テキスト] 2.紀行文・道中記、地誌 (40 件)

[本文テキスト] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (6 件)

[本文テキスト] 4.地域の記録 (16 件)

[本文テキスト] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (6 件)

[本文テキスト] 6.行政、政治等の記録 (10 件)

[本文テキスト] 7.教育、人物・伝記 (19 件)

[本文テキスト] 8.民話、俳諧、絵画等 (0 件)

[本文テキスト] パスファインダー (40 件)

[本文テキスト] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (80 件)

[その他ページ] (13 件)

[索引語] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (0 件)

[索引語] 2.紀行文・道中記、地誌 (2 件)

[索引語] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[索引語] 4.地域の記録 (2 件)

[索引語] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[索引語] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[索引語] 7.教育、人物・伝記 (0 件)

[索引語] 8.民話、俳諧、絵画等 (0 件)

ソート機能:
■安曇・筑摩両郡旧俗伝 [解説]
3、「信府統記」の構成
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
本書は全三32巻からなっています。まず、「第一諸城記上」は、松本城の開基と城主交替
年数並びに諸普請士屋敷割城下の町割と、松本から近国への道筋並びに信濃国中諸城下の
方...
■安曇・筑摩両郡旧俗伝 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
ル)という大きな山の麓だったからその名がついた、有明山は、今(江戸時代中頃)の松
川組(まつかわぐみ、松本藩安曇郡のうち)である、有明山の名を「戸放カ嶽」ともいう
、詳しくいえば、大昔、日の神(ひのかみ、天照...
■安曇・筑摩両郡旧俗伝 [解説]
1、「信府統記」の編さん
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
[目録]松本市文書館小松芳郎「信府統記」は、享保9年(1724)12月、松本藩主水野忠恒
の家臣であった鈴木重武と...
■安曇・筑摩両郡旧俗伝 [解説]
2、「信府統記」の内容と史料価値
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
享保期に書かれた「信府統記」より以前の記録がほとんどありません。松本領域の歴史を
知る江戸時代の村関係史料はいくつかありますが、松本藩がまとめた史料は皆無といって
よいでし...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
昌幸の秀吉への接近
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
いた。しかし、事実はこれ以前に徳川軍は撤退していたのであった。それにしても、この
書状によると秀吉は、松本城主小笠原貞慶と「いよいよ申し談じ、越(落)度なき様に」
と指示している(7)。これにより、小笠原貞慶...
■上田案内 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
らるべし」であった。〇道路上田には幹線として国道七号線、県道群馬県吾妻線(現在の
嬬恋村と結ぶ)、県道松本線が走る。上田駅開業にともなう新設の松尾町も県道となり、
祢津街道は郡道であった。〇鉄道信越線の上田停...
■原町問屋日記(安政六年) [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
(1)安政六年五月七日一夕方産物産物会所より町奉行御出ニ付参候様申参り罷越候處御
勘定御奉行様松本左右衛門様小川忠左衛門様御一統御出ニ而被仰聞候者今般神奈川交易御
免ニ付紀州会津上田産物三家交易御願立...
■上田郷友会月報 創刊号 [解説]
2 われらが国を引っ張っていこうという気概の籠った「緒言」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
田学友親睦会(上田郷友会)を創立した目的は、そうした競争をするためであった。上田
学友親睦会は、松代や松本の上にたち、さらに薩摩や長州、土佐、肥後を「臀下ニ置」い
て国の隆盛を果たそうと思う。互いにそうした競...
■上田郷友会月報 創刊号 [解説]
3 今日まで続く上田郷友会
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
故ある者」を会員にして発足しました。同様の目的をもった組織が、1883年から1887年に
かけて諏訪、松本、松代、伊那、木曽などの出身者によって東京にできましたが、今日ま
で学習会と月刊誌発行の命脈を保ってい...
■上田郷友会月報 創刊号 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
セル上田学友親睦会ナルモノハ其主卜スル処又他ニ非ラス他郡邑ト競争ノ為ナリ松代ノ上
ニ出デント欲スルナリ松本ノ右ニ座セント欲スルナリ薩(鹿児島県)長(山口県)土(高
知県)肥(佐賀県)ノ如キハ固(まこ)卜之レヲ...
■小県郡民謡集 [解説]
炉辺叢書(ろへんそうしょ)の一冊として
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
)『小谷口碑集』(小池直太郎)『江刺郡昔話』(佐々木喜善)『祭礼と世間』(柳田国
男)『熊野民謡集』(松本芳夫)『アイヌ神謡集』(知里幸恵)『遠野方言誌』(伊能嘉
矩)これらの書目の中に、本書がラインナップさ...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
した。慶安3(1650)年書付が下し置かれました。売買をするべき条々一袋茶類の事一鍋
釜類の事一奥地(松本方面)へ向かう馬は、宿泊する事右領内へ出入する金の両種(袋茶
・鍋釜)は、この町で商売すること、これに...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
家康重臣石川数正の秀吉への寝返り
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
示している。家康の老臣石川数正のこの寝返りは、秀吉の外交上の成果といわれる。しか
も、このとき数正は、松本城主小笠原貞慶の嫡男で人質として岡崎城に差し出されていた
秀政を伴ってもいた。この件を北条氏直に報じた...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
家康の関東移封と真田昌幸・信幸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
う。家康の配下として信濃から関東へ移された領主は、小諸の依田(芦田・松平)氏は上
野藤岡(群馬県)へ、松本の小笠原氏は下総古河(茨城)へ、諏訪の諏訪氏は武蔵奈良梨
(埼玉県)へ、というように在地性を奪われて遠...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
上田城の大改修
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
の東国にも出現することになった。高い石垣が築かれ、天守閣などの豪壮な城郭建築も建
てられるようになる。松本城では五層の大天守が築造され、諏訪高島城でも三層ながら天
守が建てられた。また、小諸城にも天守台の高い...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
三成ほか西軍諸将よりの書状
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
左衛門介」は幸村(信繁)。まず、上杉景勝への飛脚の世話を依頼するとともに小室(小
諸)・ふかせ(深志、松本)・川中島・諏訪の仕置は任すので、早々の可能な限りの手立
てを頼むとしている。このほかには、伏見城を攻...