NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (1 件)

[目録] 2.紀行文・道中記、地誌 (8 件)

[目録] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (1 件)

[目録] 4.地域の記録 (3 件)

[目録] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (1 件)

[目録] 6.行政、政治等の記録 (2 件)

[目録] 7.教育、人物・伝記 (17 件)

[目録] 8.民話、俳諧、絵画等 (0 件)

[目録] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (79 件)

[本文テキスト] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (20 件)

[本文テキスト] 2.紀行文・道中記、地誌 (40 件)

[本文テキスト] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (6 件)

[本文テキスト] 4.地域の記録 (16 件)

[本文テキスト] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (6 件)

[本文テキスト] 6.行政、政治等の記録 (10 件)

[本文テキスト] 7.教育、人物・伝記 (19 件)

[本文テキスト] 8.民話、俳諧、絵画等 (0 件)

[本文テキスト] パスファインダー (40 件)

[本文テキスト] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (80 件)

[その他ページ] (13 件)

[索引語] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (0 件)

[索引語] 2.紀行文・道中記、地誌 (2 件)

[索引語] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[索引語] 4.地域の記録 (2 件)

[索引語] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[索引語] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[索引語] 7.教育、人物・伝記 (0 件)

[索引語] 8.民話、俳諧、絵画等 (0 件)

ソート機能:
松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
。1日、金井佐源太。これを、東へ申し遣した。2日、天気、寒風。3日、快晴。明日4日朝
六時頃、御奉行が松本城下の御徒士町(おかちまち)通り宮本へお出でなさるので、お通
りの筋ではいつものように心得るようにとの...
松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
願出候様、一筑摩村社等風折木見分不及候品、勝手次第被片付候(改頁)59様、御達し桐
原分長右衛門重兵衛松本分町分庄屋宮淵村喜代次宇十郎茂助半右衛門右之者共通用金滞候
ニ付、早々上納罷出候様、御達可被有之候以上...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
おかしくないのですが、それさえも一人もありませんでした。これも君主のご徳義のひと
つと言えるでしょう。松本藩のある人は開帳参詣のために泊まった宿屋で圧死しました。
(500石取りの、家老にもなるべき人であると...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
善光寺開帳中なれハ行て止宿すへき者もあるへきに、夫さヘ一人もなし、是も君上の御徳
義の一ツといふへし、松本藩の何某開帳参りし宿やにて圧死せり、[高五百石、家老にも
なるへき人也といふ、]又飯山ニてハ(改頁)2...
松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
1、御用留
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]松本市文書館小松芳郎近世文書のなかで、ひときわ厚手で綴じがしっかりしている
もののひとつに御用留があります...
松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
2、松本藩筑摩郡庄内組
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
庄内組は、松本藩の筑摩郡五組のうちのひとつです。筑摩郡には、庄内組のほかに、山家
(やまべ)組、岡田組、高出(たかい...
松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
3、大庄屋と折井家
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
松本藩の筑摩郡・安曇郡のそれぞれの組内の諸村を管轄するために、はじめは「組手代」
が置かれます。「組手代」...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
と恩沢とを尊んで敬うべきです。なおその他の恩恵を調べて、後巻に載せます。○中之条
代官所・中野代官所・松本藩・上田藩・同分家・椎谷藩・飯山藩・善光寺の各領地では、
救援の手当てが大きく支給され、まことに有り難...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
し。後代に至るとも其賢と恩沢を貴み敬へし。尚其余の恵恩を尋て後巻に出すへし。○中
之条・中野御支配所、松本・上田・同御 (改頁) 分家、椎谷・飯山・善光寺
右御領分、御救御手当の広太にして...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
屋町)」「コンヤ丁(紺屋町)」が黄色で塗られていないのは、潰家が少なかったからで
す。須坂(須坂市)や松本松本市)の城下も、町によっては少し黄色が塗られています
。これは松代城下ほどの被害ではありませんが、...
■むしくら日記 [現代訳] 3巻 利
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
て歩いて暮らしを立てているのであろうと、その子供に住所を聞くと、片言ではっきりと
は分からないものの、松本近辺のはし場というところまで行けば知り合いがいると答えた
ので、地震が止んだら連れて行こうと言って名主...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
るもあり、さてハ順礼して口を粘(ママ)し歩行ク物ならんと、彼子に在所を聞は、片言
にして聢与分らねと、松本の在はし場と云所まて行は知己もありと答し故、地震止なは連
行んと、名主元にて世話し置けるうちに、疱瘡を...
松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
4、御用留の書かれた年
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
が決壊し、善光寺平をおそい、1万8000人あまりが溺死する大被害となっています。また
、弘化4年には、松本藩が、品質向上のため、繭や糸取引への産物会所による統制を強化
したり、刻み煙草の出荷仕法を再規定して、...
松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
5、「御用留」にみる善光寺大地震の記録
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
蔵共ニ大ニ損し、四ツ時頃迄ゆり出し、其後も折々ゆ申候」という記述が、公的記録のな
かに突然でてきます。松本でも強い揺れがあったことがわかります。25日は、「当日も終
日ゆり候得共、格別大ゆり者無之」、「地震ニ...
■むしくら日記 [現代訳] 2巻 亨
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
を添えてこの段お伺いいたします。以上。弘化4未年4月高木清左衛門この伺書は写し誤り
があるようです。◯松本侯の御知らせは左の通りです。(略)◯24日から川中島、川北、
川東では救援として5日間炊き出しを仰せ付...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
村々一村限帳一冊相添此段奉伺候、以上、弘化四未年四月高木清左衛門(改頁)43此伺書
写誤りあるへし、○松夲侯御知らせ左のごとし、丹波守様御領分信州筑广郡・安曇郡、去
ル三月廿四日夜四時比地震強、其後折々震有之...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
軒、其外に臥雲院等あり、○中村仲多公事方勘定役水練の妙手也、新町辺水湛見極として
公事方よりこせしに、松夲より下り居たる通船をやとひ乗廻り、所々に縄を下水底を捜り
けるか、何れの辺にての事なるか、此辺水底水急...
寛保二壬戌年金井村戌出水万覚留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
検分にこられ、私たちも呼び出され、村のことについて祢津で吟味を受けた。覚村高257
石4斗5升1合8夕松本采女正知行所人別300人の内一飢人数113人7歳以下は除くと男62人、
女51人信州小縣郡松平采女正知...
寛保二壬戌年金井村戌出水万覚留帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
当村之儀一々御吟味 (改頁) ニ付、書上候次第覚村高弐百五拾七石四斗五升壱
合八夕松本采女正知行所人別三百人之内一飢人数百拾三人外ニ七歳以下之分除之男六拾弐
人女五拾壱人右ハ信州小縣郡松平...
寛保二壬戌歳満水記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
1666)に生まれ、元禄年間(1688~1703)に信濃国絵図調整に携わり、享保10年(1725)
松本城請取にも功績がありました。寛保2年の災害当時は77歳でした。