NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
が小諸城より高い位置にあり、城から急坂や断崖を下ると、そこが千曲川になる。町へは
浅間山麓から蛇堀川・松井川(東沢川とも呼ばれている)・中沢川などが注ぎ、千曲川へ
流れ込んでいる。「戌の満水」の際には、もちろん...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
が小諸城より高い位置にあり、城から急坂や断崖を下ると、そこが千曲川になる。町へは
浅間山麓から蛇堀川・松井川(東沢川とも呼ばれている)・中沢川などが注ぎ、千曲川へ
流れ込んでいる。「戌の満水」の際には、もちろん...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
が小諸城より高い位置にあり、城から急坂や断崖を下ると、そこが千曲川になる。町へは
浅間山麓から蛇堀川・松井川(東沢川とも呼ばれている)・中沢川などが注ぎ、千曲川へ
流れ込んでいる。「戌の満水」の際には、もちろん...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
が小諸城より高い位置にあり、城から急坂や断崖を下ると、そこが千曲川になる。町へは
浅間山麓から蛇堀川・松井川(東沢川とも呼ばれている)・中沢川などが注ぎ、千曲川へ
流れ込んでいる。「戌の満水」の際には、もちろん...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
が小諸城より高い位置にあり、城から急坂や断崖を下ると、そこが千曲川になる。町へは
浅間山麓から蛇堀川・松井川(東沢川とも呼ばれている)・中沢川などが注ぎ、千曲川へ
流れ込んでいる。「戌の満水」の際には、もちろん...
寛保二年大洪水余禄 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
の中に流れこみ、与良口番所のふみ石まで達した。土石流の音は大地震、あるいは雷の音
のようだった。この時松井川も氾濫し、蛇堀川と一緒に城下の田畑を流出させた。土石流
は三度城下を襲った。同じ頃、浅間山真楽寺の付近...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
にも怪我はありませんでした。田畑はおびただしく流されました。同日同刻に本町を挟む
ように流れる東沢川(松井川)と中沢川で同時に泥流が発生し、本町・六供(ろっく)・
成就寺本堂・客殿・庫裏・表門・長屋(八、九軒)...
「戌の満水」(寛保2年の洪水)による小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
もしれない洪水・土石流災害に そなえる。 戌の満水 寛保2年 洪水 8月1日(八朔)
 千曲川 小諸 松井川 中沢川 本町 六供 田町 浅間山麓1 書名寛保2年の千曲川大
洪水「戌の満水」を歩く著者名 信濃毎日...