NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (1 件)

[目録] 2.紀行文・道中記、地誌 (1 件)

[目録] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[目録] 4.地域の記録 (1 件)

[目録] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[目録] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[目録] 7.教育、人物・伝記 (0 件)

[目録] 8.民話、俳諧、絵画等 (0 件)

[目録] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (1 件)

[本文テキスト] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (14 件)

[本文テキスト] 2.紀行文・道中記、地誌 (12 件)

[本文テキスト] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (1 件)

[本文テキスト] 4.地域の記録 (2 件)

[本文テキスト] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[本文テキスト] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[本文テキスト] 7.教育、人物・伝記 (2 件)

[本文テキスト] 8.民話、俳諧、絵画等 (0 件)

[本文テキスト] パスファインダー (0 件)

[本文テキスト] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (1 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (1 件)

[索引語] 2.紀行文・道中記、地誌 (1 件)

[索引語] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[索引語] 4.地域の記録 (0 件)

[索引語] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[索引語] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[索引語] 7.教育、人物・伝記 (0 件)

[索引語] 8.民話、俳諧、絵画等 (0 件)

ソート機能:
■諸国道中商人鑑 [解説]
4 小田井から本山まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
漬」など、飲食物が記されていることから、中小の旅籠屋では御休所も兼ねた営業をして
いたとも考えられる。本陣や脇本陣などの大きな旅籠屋には飲食物の広告は見られない。
岩村宿の旅籠屋は8軒と少なく、本陣や脇本陣の...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
には御板輿(いたごし)に召され、供奉員は騎馬人力車或は徒歩にて従ひ奉れり。行在所
(あんざいしょ)は旧本陣たる佐藤織衛の邸内にして「行在所」と厳(いかめし)く記し
たる表門より遥入りたる処に新築したるもの是也...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 洗馬
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
原の広野に出る最初の地です。木曽の喉にあたる重要な場所で、繁昌していて、遊女など
も大勢います。洗馬宿本陣の百瀬氏と志村氏の林泉は中山道にも珍しいといわれています
。珍しい石や木がある枯山水は、訪れる旅客も多...
■諸国道中商人鑑 [解説]
3 松井田から追分まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
分え一里三丁」旅籠屋が5軒、店1軒が掲載されている。文久元年(1861)11月8日、和宮
御降嫁の際の本陣御宿泊所となったことが大きなできごとであった。沓掛宿は3回の大火
に遭っている。安永2年の大火では総戸...
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
朝立つ、賑やかな市である。対旭館大門町の右側にある。三層造り。これもまた長野ホテ
ルという。この館は旧本陣で、ふぢや平五郎という旅館である。二天前大門町上の辻をい
う。この辻の中央を元標辻として、長野より諸方...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 会田
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
26右7町ほどの宿場です。本陣の横内氏の林泉は佳景です。乱橋(みだれはし)まで1里12
町、そのおいだに立峠(たちとうげ)があります...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
将義仲は、出浦を遠見しようと、身分の低い者の姿で百姓の馬に乗り、山上からしっかり
見届け、手塚と樋口を本陣に呼び寄せ、自分は北面を物見しました。よく見ると、たいへ
んおびただしい大伽藍です。軍師に命じて先ず寺...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○小県郡上田
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の多数の渓谷から流れ出た水が加賀川(注4)となり千隈川へ入ります。慶長の頃、上田
勢(注5)は国分寺を本陣として、20町ほど東の加賀川に柵を構えたといわれています。
加賀川の橋を渡り、大矢(注6)村海野新田を...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 洗馬
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
谷を分凌ぎ、桔梗が原の曠野に出るの始なり、よつて木曽の咽喉なりと謂ふ、繁昌の宿駅
にして、遊女等多し、本陣の百瀬氏・志村氏の林泉は中山道に稀なりとぞ、仮山泉水の幽
趣奇石珍木の布置謂ん方なく、往還の旅客も多く...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 会田
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
26右七町程相対して巷をなす、本陣横内氏が林泉佳景也、乱橋迄壱里十二丁、此間立峠也
、登り三十丁、下り十八丁の〓路なり、北東に虚空蔵山見...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之五
○別所温泉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
大将いざや出浦を遠見せんと下郎の躰に省し、百姓の孕馬に単鞍置て打乗り、山上より篤
と見届、手塚・樋口を本陣に召され、我北面を物見せり、あな夥しの大伽藍、左右なく寄
んも心なし、まづ軍使に命じ、寺々の返答承らん...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之五
○小県郡上田
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
○朱の鳥居○石橋○手水鉢(略)18左加賀川深山数多乃溪水落合て千隈川に入なり、慶長
の頃上田勢国分寺を本陣として、廿町程東へ張出し、加賀川に一の柵を搆へしとそ、加賀
川の橋を渡り、大矢村海野新田を過て程なく海...