NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■松本繁昌記 上・下 [解説]
内容
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
います。南深志町はその前夜から枝町・裏町にいたるまで、くまなく軒先にはガラス紅灯
を懸けつらね、とくに本町と中町の店は金装銀飾の屏風を建てめぐらし、家業それぞれの
商品を陳列した。街頭には「奉献万商守護神」「...
■松本繁昌記 上・下 [解説]
2人の編輯人
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
年に休職、翌年に台中弁務署長となり単身赴任しますが、32年の官制改革により廃官とな
ったので、以後、松本町会議員として町政に参画しました。明治38年、塩尻の吉江銀行の
支配人となって在職10年、大正3年に職を...
■小諸繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
などの店と鍛冶工場が二、荒町(三十二軒の商家)店が最多。合資会社酢屋商店など小山
一族の店が何軒も三、本町(十七軒の商家)蔦屋旅館は小諸の旅館の嚆矢であるという四
、中町(七軒の商家)錨床は理髪業で長野新聞の...
伊那繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
・綿半(番匠町現在の通り町1丁目)・柴田薬局(番匠町現在は銀座)・竹内商店(銀座)
・中村徳次郎商店(本町1丁目)・宮川紙店(知久町1丁目)などが掲載されています。この
ころいろいろな金融機関があったようで、...
[解説]
資金供給源の(株)第十九銀行略史
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
円)を前身としている銀行である。長野県では、同年8月5日および11月1日に開業した第
十四国立銀行(松本町)と第二十四国立銀行(飯山町)に継ぐ3番目に誕生した国立銀行
である。ちなみに、この他に1878年12...