NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
たら、調べた上できっと罰すること宝永2(1702)年閏4月25日杉本所左衛門 束原市右衛
門知久町通り本町通り池田町通り松尾町通り大横町通り右町中年寄問屋庄屋【(朱書)2
○】定一穀類一塩一魚鳥一青物類加えて...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
若違背之輩於有之者、僉議之上急度可申付者也、宝永二乙酉年閏四月廿五日杉所左衛門
束市右衛門知久町通り本町通り(改頁)6池田町通り松尾町通り大横町通り右町中年寄問
屋庄屋【(朱書)弐○】定一穀類一塩一魚鳥一青...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
りである。中馬方宮木村へ1通宿方飯田へ1通商人方松本へ1通信州伊奈郡73か村中馬なら
びに同国筑摩郡松本町商人と、同国伊那街道16か宿問屋と継馬についての争論があった。
中馬の者が言うことは、伊那街道のいろい...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
左之通中馬方宮木村へ壱通宿方飯田へ壱通商人方松本へ壱通(改頁)信州伊奈郡七拾三ケ
村中馬并同国筑摩郡松本町商人与同国伊那海道拾六ケ宿問屋継馬諍論事、中馬之者申趣伊
那海道諸色商荷物、従古来尾州・三州・松本江通...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
良町)では、民家は無事で、人馬にも怪我はありませんでした。田畑はおびただしく流さ
れました。同日同刻に本町を挟むように流れる東沢川(松井川)と中沢川で同時に泥流が
発生し、本町・六供(ろっく)・成就寺本堂・客...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
尺、川四十五間之余ニ成ル、併当町ニ而民家無恙、人馬共ニ怪我無之、田畑ハ移(夥)敷
押流申候、同日同刻ニ本町東沢川・中沢川同事(時)ニ水出、本町・六供・成就寺本堂・
客殿・くり・表門・長屋八、九軒、脇六ケ寺流ル...
寺子屋入門記録「壱番入門記録」 [翻刻・注記]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
同断真砂屋太重郎殿息子一当酉拾歳長田孫三郎爪印同断同断木綿屋恵助殿息子一当酉七歳
竹内辰弥爪印(改頁)本町壱丁目同断仙台屋兼吉殿息子一当酉八歳小松丹三郎爪印御城内同
断吉五郎息子一当酉九歳吉川鹿蔵爪印知久町三...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
ました。次に番匠町を建て、天正18(1599)年毛利河内守秀頼公が飯田の城に再び住むよ
うになった時、本町1丁目・2丁目・池田町を建てました。この時城の普請もあり、続いて
十王堂町を建てました。そのころ十王堂...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
商売を始め、此故ニ伊勢町と(改頁)5唱者、次ニ番匠町を建天正十八年毛利河内守秀頼
公飯田之城再住之時、本町壱丁目二丁目池田町を建、此時御城御普請有相続て十王堂町建
、是ハ其頃十王堂町有しを今の箕瀬羽場ニ移し其...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分側からいうと、蛇堀川を渡った最
初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町は、小諸三町とも呼ばれる)、これに
与良町と本町との間に新たにつくられた荒町を加...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分側からいうと、蛇堀川を渡った最
初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町は、小諸三町とも呼ばれる)、これに
与良町と本町との間に新たにつくられた荒町を加...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分側からいうと、蛇堀川を渡った最
初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町は、小諸三町とも呼ばれる)、これに
与良町と本町との間に新たにつくられた荒町を加...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分側からいうと、蛇堀川を渡った最
初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町は、小諸三町とも呼ばれる)、これに
与良町と本町との間に新たにつくられた荒町を加...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている。追分側からいうと、蛇堀川を渡った最
初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三町は、小諸三町とも呼ばれる)、これに
与良町と本町との間に新たにつくられた荒町を加...
小諸洪水流失改帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
山崩レ大水出ル、辰ノ中刻北山之方震動強ク、俄に曇リ黒闇六供之上成就寺ヨリ山澤共に
高水押掛ケ、六供田町本町辺を押流し、大手江水入、足柄御門、三ノ御門押流、(改頁)
4馬場裏押水、上ノ袋町ヲ押し、下ハ押兼五郎左...
寛保三年三月復旧方懇願書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって願い上げ奉る口上の覚え一、中山道望月新町は、本町(望月宿)
に続く村ですが、鹿曲川の対岸にあり、橋で本町へ続いているので、村高はそれぞれ別に
なっていま...
寛保三年三月復旧方懇願書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
 同文二種あります。 13乍恐以書付奉願上候口上之覚一中山道望月新町之儀、
本町ニ相続候在所ニ御座候得共、鹿曲川橋壱筋へたゝり申ニ付、別高ニ而罷有候、勿論
ニ引続候ニ付、加宿同前...
■違作書留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
日頃、小麦たゝき、どうしたことか、麦畑が途中からより折れて黄色になり、大不作、七
月二日、松本で火事、本町(ほんまち、松本城下町)杉屋より出火、(改頁)古見(こみ
、東筑摩郡朝日村)・今井一件につき、御見分地...
■違作書留帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
へ、風雨順よし〇六月七日頃小麦たゝき、如何之訳や、麦畑途中より折れ黄ニ成、大不作
〇七月二日松本火事、本町杉やより出火(改頁)〇古見・今井一件ニ付、御見分地今井ニ
而手差頭取円右衛門・安兵衛、七月十日とうまる...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
たはよし筆艸(絵)(改頁)▲二天前より東へ行ハ○東横町なり。○法然堂町東横町より
山内へ登ル町なり。○夲町東横町より法然堂町の次を上ル町なり。元ハ是を東之門町とい
ゝし所なり。○東町東横町より下ル町なり。○岩...