NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 洗馬
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
かです。木曽義仲が馬を洗ったので、この名がついています。ここから18町いった西に元
洗馬がありますが、木曽川にあづま橋を渡していて古道といわれています。ここを流れる
木曽川は、中山道の木曽川ではありません(いま...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 洗馬
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、左の方にあり、太田村の内なり、木曽義仲馬をあらひしより、今に此名あり、是より十
八丁西に元洗馬あり、木曽川にあづま橋をわたせり、古道といふ、]木曽川[是は中山道の
木曽川にあらず、水源は鳥居峠に濫觴して、本山...
天竜川・木曽川と水害についてトピック(テ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
天竜川・木曽川と水害についてトピック(テーマ) ねらい キーワード 概要を知るための
ツール資料リスト天竜川・木曽...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
る。蕎麦は此地の名物とて其名高し。旅人もしはしは足をぬは玉の寝醒の里にとゝめこそ
すれ少し西に下りて、木曽川に臨みたる所に梵刹(ぼんさつ)あり。臨川寺と云ふ。川迫
り岩聳え水湛(たた)へたる所なり。俎板岩、獅子...
■違作書留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
、(改頁)この申年(天保七年)は、季節によっては、大しけ(暴風雨が続くこと)の年
で、雨天がちだった、木曽川(現在の奈良井川)は水も清こともなく、以前は、二子(ふ
たご、松本市笹賀)の村は干潟になったが、その年...
■違作書留帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
豆ふこしらへ方前条ニ出ス、三升にて豆腐十二丁きらず壱斗程有(改頁)右申年陽気次第
大しけ年にて雨天勝、木曽川水も清事なく、以前ハ二子まヘハ干潟ニ相成候へども、始終
水行ふとく、早セいねもはらみかね、七月三日四日...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
1.木曽ノ天然
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
松茸あり小鳥あり岩魚あり。時に従ひて吾人の食膳を賑はし食欲を満たすに足れり。木曽
谷を貫流するもの之を木曽川となす。木曽川は源を鉢盛山に発し木曽山谷の水流を併せ滔
々(とうとう)西南に流れ去る。而(しか)して中...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎小川木山祭を視(み)る
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
nbsp;(改頁)18 を離れて小川に向いました。此上松から小川へ行くには道も細いし
、其上木曽川が流れて居(お)りますから誠に之からの道が困難なのである。それに木曽川
には橋がないから舟で越さんけれ...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
し舟があり、水量の多少によって、2艘あるいは3艘を使って綱を手繰って旅人を渡します
。その犀川の川上は木曽川で、山中の谷間を流れて平野に至るので、川原がたいへん広く
、浪は荒く流れが速くて、そのため綱で舟を渡し...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ましをいはゞ先名たかき犀川の渡船あり。水の満微に随て二船三船をもつて縄をたぐりて
旅行を渡す。其水上は木曽川にして山国谷間を流れいでゝ平地に至れば、河原 (改
頁)21 のほと尤長し。浪あら...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
御城下は穏やかな様子だということで引き返し、再び松本へ出て、そこから栗尾山へ行き
ました。途中の田川・木曽川・梓川。穂高川・高瀬川など特に異常もないとのことで、こ
れらの川は押野村で落ち合って犀川に流れ込んでい...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
迄罷出、様子承合候処、高嶋御城下ハ穏之様子ニ付引返し、再松本へ罷出、夫より栗尾山
江罷越候、途中田川・木曽川・梓川・穂高川・高瀬川等別条無之由、右川々押野村ニ而落
合犀川江入候、此節宇留賀村辺迄指上水ニ而、松本...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
はじめに
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
下明彦長野県は日本列島の中央高地を占め、高山に源を発する大河は「流れ淀まずゆく水
は北に犀川千曲川南に木曽川天竜川これまた国の固めなり」と県歌「信濃の国」に歌われ
ています。これらの河川は、日本海、太平洋へと注...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
かき須原と上松の間に今井村がある。これ木曽義仲の家臣、今井四郎兼平の古郷である。
上松の上、福島の下は木曽川と御岳川が合流する所で、有名な木曽の棧(かけはし)はこ
この断崖に架かっている。生すてふ谷の梢を蜘手に...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
そみぢかき須原あげ松の間に今井村有。是ハ木曽義仲の家臣、今井四郎兼平が古郷也。上
ヶ松の上、福嶋の下ハ木曽川御岳川合流の所にて、名たゝる木曽の棧道ハ此所の断厳にか
ゝれり。生すてふ谷の梢を蜘手にてちらぬ花ふむ木...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
3.木曽と産業
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
れをたらすこと)し木曽の名と実と相戻らざるを察知せしむ。帝室林野管理局は年々之を
伐採して運材に便なる木曽川の流れを利用して狩り出し、或は近年開通せる中央線の便に
より最寄停車場より鉄路により市場に出すあり。遂...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
11.実習
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
さん。演習林は福島町字大平に11町7反余、同町字城山の内に71町7反弱を有す。前者は福
島停車場の西方木曽川に面する山腹に在り、全部落葉松(からまつ)を新植し一部分は既に
10余年生に達し生育頗(すこぶ)る良好...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
[注記]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
沿いにあった水中貯木場。起源は1610年名古屋城築城のときという。1615年から尾張藩の
管轄になり、木曽川を筏に組んで流送されてきた木曽材が、いったん伊勢湾に出てから堀
川を上って集積された。1911年(明治...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎殖林(しょくりん:植林)の急務
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
のも畢竟水源地の山林を濫伐して跡地に少しも殖林と云ふ事をしなかつたからでありまし
ょう。之れに反して当木曽川を御覧なさい。水源は34、5万町歩の良林が鬱蒼(うっそう:
こんもり茂るさま)してあるから、河水は何時...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎第1回木曾山林学校生徒修学旅行記
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
かけはし:上松町)の名所に休憩したが、此の処(ところ)は鬱蒼たる御料林が左の側に繁
茂し、右方脚下には木曽川が奇石怪巌の間を奔流して居る。瞰(み)下ろせば先日来の降雨
の為めに濁水が滔々と流れて居るが、先に見し...