NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
寛保二年十一月堤防工事嘆願口上書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
代を通じて小諸藩領である。その望月宿へ江戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂
を越えて下って行くと望月新町に出る。望月新町の家並は、下り坂から始まり、右折して
鹿曲川に平行して存在した。その家並がほぼ終わった...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
代を通じて小諸藩領である。その望月宿へ江戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂
を越えて下って行くと望月新町に出る。望月新町の家並は、下り坂から始まり、右折して
鹿曲川に平行して存在した。その家並がほぼ終わった...
寛保三年二月宿場引き移し嘆願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
代を通じて小諸藩領である。その望月宿へ江戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂
を越えて下って行くと望月新町に出る。望月新町の家並は、下り坂から始まり、右折して
鹿曲川に平行して存在した。その家並がほぼ終わった...
寛保三年三月復旧方懇願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
代を通じて小諸藩領である。その望月宿へ江戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂
を越えて下って行くと望月新町に出る。望月新町の家並は、下り坂から始まり、右折して
鹿曲川に平行して存在した。その家並がほぼ終わった...
寛保三年三月復旧方懇願書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
 同文二種あります。 13乍恐以書付奉願上候口上之覚一中山道望月新町之儀、
本町ニ相続候在所ニ御座候得共、鹿曲川橋壱筋へたゝり申ニ付、別高ニ而罷有候、勿論本
町ニ引続候ニ付...
寛保三年三月復旧方懇願書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって願い上げ奉る口上の覚え一、中山道望月新町は、本町(望月宿)
に続く村ですが、鹿曲川の対岸にあり、橋で本町へ続いているので、村高はそれぞれ別に
な...