NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
を持参するように、村役人から明日1日に呼出しがあった。役人も印を持参するように。
金井源左衛門が直ちに書付をもって次の者に申し遣わした。岩井三郎右衛門代り河野友六
、手代定補欠河野友六代り吉田門助。右のとおり...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
候村々之者共、最寄之社江勝手次第参詣可致候、此段組下村々并(改頁)9寺社江も不洩
様、可申聞候、追而此書付可相返也、廿七日廿八日廿九日晦日一御家中御才覚金二月四日
御下之御沙汰ニ付、割合候間御組々惣代御差出可...
割田家文書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れてきた。笠倉村における戌の満水の記録は、次の五点が地元に残されている。・(寛保
二年)八月六日乍恐以書付ヲ申上候御事・寛保二年八月乍恐以書付奉願候事・寛保二年十
二月乍恐以書付奉願候御事・寛保三年三月乍恐書...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
にて定れる刻限なし、下宿の後庭裏の小屋にありて日くるゝ迄ハ閑暇なるまゝ、後の枝折
ニもと思ひ出るまゝを書付たる書(改頁)3にて、元来草稿したるにもあらねは、文もい
と拙なけれと、校合も加へすそかまゝになし置る...
割田家文書 [翻刻]
史料1 (寛保二年)八月六日 乍恐以書付ヲ申上候御事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
乍恐以書付ヲ申上候御事1一高百八拾四石七斗三升壱合内九拾五石五斗弐合田方水深ヲ壱
丈余八拾九石弐斗弐升九合畑方右...
天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
所蔵していたもので、現在は小諸市立郷土博物館に所蔵されている。・天明3年7月14日御
役所より被仰渡御書付之写并請印・天明3年8月23日浅間山大焼け以来難儀につき見分願い
・天明3年12月10日浅間山焼けによ...
天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
(表紙)1「天明三卯年七月十四日御役所様より被仰渡御書付之写并請印」申渡覚2此度浅
間山大焼ニ付、追分・沓掛軽井沢三ケ宿を初、浅間山近辺之村々及難儀候時節ニ候...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ニ付今の所へ出ル、其外ハ存不申候、是者親之物語ニ而承ル (改頁) 恐多奉存
候得共書付を以奉御直願上候野呂猪右衛門御代官所信州高井郡山王島村飯田村小布施村押
切村北岡村羽場村清水村飢人村々...
割田家文書 [現代訳]
史料1 (寛保二年)八月六日 乍恐以書付ヲ申上候御事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって申し上げます事一高百八十四石七斗三升一合内九十五石五斗二合
水田水深は一丈余り八十九石二斗二升...
割田家文書 [現代訳]
史料2 寛保二年八月 乍恐以書付奉願候事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって願います事この度の大満水によって御城下の堤防が壊されたので
、藩による工事を行うことになり、人...
割田家文書 [現代訳]
史料3 寛保二年十二月 乍恐以書付奉願候御事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって願います事当戌八月中、何十年にもない大雨が降って千曲川が満
水となり、所々の谷川より水が押し出...
割田家文書 [現代訳]
史料4 寛保三年三月 乍恐書付以奉願候御事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって願います事両奉行一村道上□ひかへ上置き土代官一道添用水堰埋
り用水堰添い一田砂泥入前田埋り田の...
割田家文書 [翻刻]
史料2 寛保二年八月 乍恐以書付奉願候事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
乍恐以書付奉願候事3一此度大満水ニ而御城下水除土手押払候ニ付、此節御普請被為遊候
ニ付、人足之儀被仰渡奉畏、罷帰...
割田家文書 [翻刻]
史料3 寛保二年十二月 乍恐以書付奉願候御事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
乍恐以書付奉願候御事5一當戌八月中、何拾ヶ年ニ茂無御座大雨降千曲川満水、其上所々
谷川より水押出田畑泥砂入ニ罷成...
割田家文書 [翻刻]
史料4 寛保三年三月 乍恐書付以奉願候御事
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
乍恐書付以奉願候御事6両奉行一村道上□ひかへ上置土代官一道添用水堰埋用水堰添一田
砂泥入前田埋田之中前田一悪水...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、内実御許容の趣もあれはなり。乍去表向は、地かたの掛りなる中野姓へ願書差出すへし
とありけれハ、乍恐以書付奉願上候今般御囘向ニ付、御境内之内駒帰橋近辺御拝借地仕、
出店商売仕度奉願上候。格別之御慈悲を以て、右...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
かにせんと二人ためらいけるが、外に道なければ詮かたなし、此処を行かんと相談しける
に、糺まづ此辺の様子書付なんと云て、さも尖く欠落たる岨の上に馬乗ニまたがりて、平
然と書留をしたりと云、革も日比強気者なれど、...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
以上、四月十四日堀長門守此後の御届ハいまたきかす、寺内多宮か御領所の方より問合さ
せし時申来りたるとて書付こしぬ。須坂ニ而地震并流失潰家死失人(改頁)21一流家二十
九軒一流失弐百六十六軒但土蔵穀蔵其外共郷蔵...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
か、縄きれて落、八九間も流れける時、大ゆりありて足場能所へ付けるまゝ、からく命助
かれりとそ、いさゐに書付越なんと云しか、其翌々日より痢病ニて打臥、なき人の数に入
ける、むさんなる事也、○新町の塩野入久右衛門...
天明3年8月23日 浅間山大焼け以来難儀につき見分願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
所蔵していたもので、現在は小諸市立郷土博物館に所蔵されている。・天明3年7月14日御
役所より被仰渡御書付之写并請印・天明3年8月23日浅間山大焼け以来難儀につき見分願い
・天明3年12月10日浅間山焼けによ...