NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■おらが [解説]
『おらが』の出版
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
『おらが』は出版を前提としていたらしく、自筆の稿本は、挿絵も一茶自身が描いてい
ます。しかし生前は出版されず、...
■おらが [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
」と読み終えて、おおおおと泣いたとかいうことだ。この上人は、自ら巧みにこしらえた
悲しみに自ら嘆き、初の衣をぬらして、したたる涙を見て祝うとは、乱心した様子では
あるが、僧は俗人に対し無常を説くのを決まり...
■おらが [解説]
小林一茶の生涯
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
[目録]長野郷土史研究会小林一郎小林一茶(1763~1827)は、江戸時代後期を代表する俳人
です。一...
■おらが [解説]
一茶の著作
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
『寛政三年紀行』『父の終焉日記』などがあります。また、1年間の俳句や俳文をまとめ
た作品集として、『我集(わがはるしゅう)』『株番』『志多良(しだら)』『おらが
『まん六の』などが作られました。中で...
■おらが [解説]
『おらが』の構造
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
文政2年(1819)1年間の句文集の体裁をとっていますが、単に日を追って俳句や文章を並べ
たものではな...
■おらが [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
ぬ。其俤まほろしに見えて、扨こそこの集の(改頁)4序者にたてるも、これ又因縁によれ
るへらし。嘉永壬子涅槃日東都瓢隠居逸淵(印)(改頁)昔たんこの国普甲寺といふ所に、
深く浄土をねかふ上人ありけり。としの...