NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■株式会社第十九銀行ト製糸業 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
以テ桑園、収繭、製糸、ハ其量常ニ平行スルヲ得ス然レトモ大勢ハ駿々増加ノ傾向アルコ
ト疑ナキ所ニシテ殊ニ蚕ニ於ケルヨリモ夏秋蚕ニ於テ著シク増加スルヲ見ル左ニ横浜市
生糸売込業原合名会社編纂ノ「明治三十八年横...
■諏訪蠶絲業紀要<昭和5年> [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
同業組合、養蚕組合の各連合会は大正十年九月県会議事堂に於て総会を開き蚕品種の整理
方法に就て協議を遂げ蚕種は国蚕日一号×同支四号、中巣×国蚕支四号、世界一×大諸
桂、国蚕支七号×同欧七号、国蚕日一〇五号×...
■蚕がひの学 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
のそだちにかゝハらぬものなりしかし時候につきていかにも寒き所におくべし寒中あたた
かなる所におくときはになり時ならず早出致ものなり又むら青ミなどするも全寒中より
のかこい方にあると心得べし武州村山村好士...
■扶桑之蠶6巻 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
『信濃蠶業沿革史料』と『扶桑の蠶』の関係がわかる。冒頭に掲載された文は、埴科郡杭
瀬下村太田庄三郎の「蠶掃卸法」、次は「飼育法の種類を論す」・・・「蚕卵紙貯蔵法
大意」と続くように、養蚕技術を実践例から紹...
■蚕がひの学 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
う焚く。・霧がまいて破風から吹きいるときは、松葉を焚く。・屋根は茅葺が最も良い。
蚊帳の葺き替えは秋。では屋根が落ち着かず、風を通してしまう。・冬やに焚き火の
煤が付けば、蝶も発生しないし、風も通さない...
■諏訪の製糸業 附 金融機関 [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
在)反別四万六十一町一反見積反別三千三百五町二反合計四万三千三百六十六町三反●收
繭額(明治四十三年)蚕繭二十四万千百十八石 [飼育戸数十万七千三百六]夏蚕繭十七
万四千六百五十七石 [飼育戸数十万七百九...