NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
弘化丁未三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で最も詳細なのが、原昌言(はらまさこと)が出版した「弘化丁未信濃国大地震之図」で
す。これは「弘化丁未三月廿四日信州大地震山頽川塞湛水之図」と「弘化丁未夏四月十
三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図」の2図から成...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
子一折、表から金500匹を与え、酒肴のおもてなしをなさいました。◯左は南部坂(松代
藩中屋敷)奥支配の原六左衛門へ、高田の実家の伊野宮彦左衛門から来た手紙です。文
体はいかにも古風で立派です。この書面によ...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
伺奉りたるを御満悦ありて、御手元より御干菓子一折、表より金五百匹、御酒御肴御賄被
下ぬ、(改頁)31○原六左衛門南部坂奥支配か許へ高田の実家伊野宮彦兵衛よりの来書
左のことし、文体いかにも古体可賞なり、此...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]長野郷土史研究会小林一郎次の項目は「弘化丁未三月廿四日信州大地震山頽川塞
湛水之図」の解説と共通ですので、そちらをを参照してください。善光寺地震の...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
故土地冷生立不申用立可申躰ニ相見へ不申候、当夏ニ至り麦作取入心当無御坐候、別而難
義至極ニ奉存候一当亥御普請村々夥敷義ニ御座候間、高役人足御赦免可被下置候、右高
役人足御赦免被下置候得者、御普請人足日々ニ...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
の北には報恩寺と船番所があり、北には善光寺七社の一つ、木留明神(木留神社)が描か
れています。左には「ノ雪解ノ増水或ハ洪水等ニ因テ、船塲口ノ位置変更スルヲ以テ、
夜燈前ヨリ南ハ往来口三方ニ別レヲリタルヲ示...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ところによると、地震は陰陽の昇降・浮沈の遅速によって起こって雷となり、また地震と
なるということです。夏秋冬によって浮沈前後の違いがありますが、おおよそに寒さ
がなかなか去らないと暴風が起こり、立夏から...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
sp;(改頁) 伝聞、地震は陰陽の昇降浮沈の遅速により発行して雷となり、地震とな
るとかや。夏秋冬に臨て浮沈前後の差別巡還ありといへとも、予(あらかじめ)寒退
き兼て悪風を起し、立夏より夏至に...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
する気が地中に満ち満ちて、漏れ出たことが疑われます。大災の後、嘉永と改元があって
、戊申(1848)のを迎えましたが、松代から南東にかけての戸倉・坂木辺の山続きで、
山野で何か所も轟音が響いたのは、これま...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
しといふ。疑ふらくハ大地震発する所の気、地中に満ち/\てもれたるにもありけるや。
火災の後改暦、戊申のを迎ふといへとも、松城より辰巳にかけ戸倉・坂木辺の山続に至
り、何所とも無く山野に徹し鳴音ある事、これ...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
おって、この書付を返すこと、一、組の融通金の取り計らいについては、急いで指し出し
てほしい、来年からはは正月中ニに差し出すようにと、御代官所で申し聞かされた、こ
れについては、中田が継ぐ9日大雨右は、中沢...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
組下村々并寺社江も不洩様、可申聞候、追而此書付可相返也、一組融通金取計方、急ニ而
指出、可被成来年よりハ正月中ニ御差出可被成様、御代官所ニ而被申聞候、此分中田継
九日大雨右中沢へ継十日曇ル十一日十二日(改...
弘化丁未三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
弘化4年(1847)3月24日、信州の大地震で山が崩れて川をせき止め、水をたたえている
図○『三代実録』(巻第50)に次の...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
弘化4年(1847)夏4月13日、信州犀川が決壊して、六郡が水没している図今年(1847年)
3月24日の夜10時ころ[この時星が雨のように降りました。あるいはこの日、西北に白
い虹のようなものが...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ことし三月廿四日[癸卯立夏]夜亥の上刻[是時星隕ルコト如雨。或云今日西北ニ白虹ノ
如キヲ見ト]わがしなのゝ地...
■むしくら日記 [現代訳] 2巻 亨
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ときの話に、ボンベンで大岩を打ち砕いたと、江戸で取りざたされたことがあったとのこ
とでした。)◯勘定役日儀左衛門、道橋方元締久保孫左衛門は、以前から久保寺村に川
の普請のために出向いていましたが、3月24...
■むしくら日記 [現代訳] 3巻 利
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
が分からないことです、下ろしてみなさい」といって下ろさせて表裏をじっくりと調べて
みて、「これは、この小市へ嫁がせた娘の夜着です。裏を裁ち間違えて縫い合わせてあ
るのが、その証拠です。ならば、家族も家や蔵...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
時の物語に、ボンベンニて大岩を打砕かせ(改頁)11られしと江戸ニて取さたしける事あ
りしと咄せり、]○日儀左衛門勘定役久保孫左衛門道橋方元〆ハ、兼て久保寺村に川普
請として出役し居けるか、三月廿四日に小市...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
大破、土蔵一棟大破、門一棟潰保科此面居宅北之方半分余潰、残場所大破佐藤兵助門口倒
沢喜代太郎居宅斜大破原玄三居宅場所ニ寄大破(改頁)小川環居宅斜、場所ニ寄大破、
土蔵一棟大破小山田菅右衛門塗屋一棟大損岡部...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
者共も甚難渋之様子ニは候得共、是非掘割度と願候様子ニは無御坐候、(改頁)35○或人
の書留坂屋嘉助か抱吉と云者、地震前善光寺大門町某と云旅籠やへ聟養子ニ成、地震の
夜用事有之堂庭へ行けるに、俄の大地震、家...