NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (1 件)

[目録] 2.紀行文・道中記、地誌 (0 件)

[目録] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[目録] 4.地域の記録 (0 件)

[目録] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[目録] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[目録] 7.教育、人物・伝記 (10 件)

[目録] 8.民話、俳諧、絵画等 (1 件)

[目録] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (90 件)

[本文テキスト] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (23 件)

[本文テキスト] 2.紀行文・道中記、地誌 (24 件)

[本文テキスト] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (7 件)

[本文テキスト] 4.地域の記録 (19 件)

[本文テキスト] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (6 件)

[本文テキスト] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[本文テキスト] 7.教育、人物・伝記 (40 件)

[本文テキスト] 8.民話、俳諧、絵画等 (6 件)

[本文テキスト] パスファインダー (24 件)

[本文テキスト] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (97 件)

[その他ページ] (8 件)

[索引語] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (0 件)

[索引語] 2.紀行文・道中記、地誌 (0 件)

[索引語] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[索引語] 4.地域の記録 (0 件)

[索引語] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[索引語] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[索引語] 7.教育、人物・伝記 (6 件)

[索引語] 8.民話、俳諧、絵画等 (3 件)

ソート機能:
「長野県町村誌」と明治初期の絵図・地図 東信
日村
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等
地域東信市町村名現在(令和2年):佐久市(さくし)明治初期:日村(かすがむら)幕
末から明治初期:日村/日新町/入片倉村/岩下村幕末から明治初期(よみ):かす...
■株式会社第十九銀行ト製糸業 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
以テ桑園、収繭、製糸、ハ其量常ニ平行スルヲ得ス然レトモ大勢ハ駿々増加ノ傾向アルコ
ト疑ナキ所ニシテ殊ニ蚕ニ於ケルヨリモ夏秋蚕ニ於テ著シク増加スルヲ見ル左ニ横浜市
生糸売込業原合名会社編纂ノ「明治三十八年横...
佐久市望月日本郷地区道祖神祭りトピック
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
佐久市望月日本郷地区道祖神祭りトピック(テーマ)佐久市望月日本郷地区道祖神祭り
ねらいキーワード概要を知るた ...
秋庵 加舎白雄トピック(テーマ) ねら
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
秋庵 加舎白雄トピック(テーマ) ねらい キーワード 概要を知るための ツール 資料
リスト雑誌リーフ...
唱歌の作詞者高野辰之トピック(テーマ)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
(テーマ) ねらい キーワード 概要を知るための ツール資料リスト唱歌の作詞者高野辰之
文部省唱歌、「が来た」「の小川」「故郷」「紅葉」「朧月夜」等、今でも 歌い継
がれる作詞者、『日本歌謡史』等の国学...
「長野県町村誌」と明治初期の絵図・地図 南信
西近村
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等
地域南信市町村名現在(令和2年):伊那市(いなし)明治初期:西近村(にしはるちか
むら)(にしはるちかむら)幕末から明治初期:小出村/沢渡村/表木村/諏訪形村/下
牧...
弘化丁未三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で最も詳細なのが、原昌言(はらまさこと)が出版した「弘化丁未信濃国大地震之図」で
す。これは「弘化丁未三月廿四日信州大地震山頽川塞湛水之図」と「弘化丁未夏四月十
三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図」の2図から成...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
子一折、表から金500匹を与え、酒肴のおもてなしをなさいました。◯左は南部坂(松代
藩中屋敷)奥支配の原六左衛門へ、高田の実家の伊野宮彦左衛門から来た手紙です。文
体はいかにも古風で立派です。この書面によ...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
伺奉りたるを御満悦ありて、御手元より御干菓子一折、表より金五百匹、御酒御肴御賄被
下ぬ、(改頁)31○原六左衛門南部坂奥支配か許へ高田の実家伊野宮彦兵衛よりの来書
左のことし、文体いかにも古体可賞なり、此...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
付録 駒一首
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
駒(はるこま注1)一首64○の初の駒なんぞは夢に見るさへ吉(よ)いとや申すま
して美(うつ)しい乘...
■諏訪蠶絲業紀要<昭和5年> [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
同業組合、養蚕組合の各連合会は大正十年九月県会議事堂に於て総会を開き蚕品種の整理
方法に就て協議を遂げ蚕種は国蚕日一号×同支四号、中巣×国蚕支四号、世界一×大諸
桂、国蚕支七号×同欧七号、国蚕日一〇五号×...
寺子屋師匠の日記 [翻刻・注記]
寺子屋師匠の日記「諸事日新録 沢和徳扣(ひかえ) 慶応四戊辰年六月朔日ヨリ」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ニ行勤寺子共余程参習教江申候素読不残夫々教申候(○中略)変といふ変によき事なかり
けり大変革て邦は大乱よりも国はみたれて西ひかし戦ひいとみあさましの世や七月廿四
日快晴日本晴也今朝雰(きり)下り晴テ快晴残...
佐久市湯原神社式三番トピック(テーマ)佐
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
「 翁」 序 対面 ワカ 扇舞 万才楽 露払い(揉 みの段) 対面狂言問答 舞(鈴の段)
佐久市望月日根神社(ねがみ しゃ)式三番叟 佐久市無形民俗文化財 4月佐久市無形
民俗文化財 佐久市 望月町日...
「長野県町村誌」と明治初期の絵図・地図 南信
近村
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等
地域南信市町村名現在(令和2年):伊那市(いなし)明治初期:東近村(ひがしはるち
かむら)(ひがしはるちかむら)幕末から明治初期:殿島村/田原村/上殿島村/中殿島
村...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]長野郷土史研究会小林一郎次の項目は「弘化丁未三月廿四日信州大地震山頽川塞
湛水之図」の解説と共通ですので、そちらをを参照してください。善光寺地震の...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
故土地冷生立不申用立可申躰ニ相見へ不申候、当夏ニ至り麦作取入心当無御坐候、別而難
義至極ニ奉存候一当亥御普請村々夥敷義ニ御座候間、高役人足御赦免可被下置候、右高
役人足御赦免被下置候得者、御普請人足日々ニ...
■犀川を下る記 [ルビ・注記]
犀川を下る記[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ごとに松おひ立ち、岩根には、躑躅(つつじ)山吹さらぬこと木もまじらひて、下ゆく水
に緑を添へ、くれゆくは、また波の色を、こがねくれないに、染かへて、みやびの道に
うとき田舎人だに、みな目とめぬはあらざりけ...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ても石文に動きなき名を止めつるかな樋橋にて暫時休息し、路すから草花数十種を手折り
つゝ、下諏訪に来り、宮秋宮に詣て、上諏訪に逹せしは、午后一時なりき。同所高等小
学校に於て、校長千野君及高橋、小林等の諸君...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [解説]
著者、絵師等
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
二十四輩順拝図会』の著者了貞は、河内の国専教寺(大阪府守口市)の僧でした。絵師は
大坂の浮世絵師、竹原泉斎清秀です。泉斎は名所図会の絵を多く手掛けた朝斎の子
で、他に『東海道名所図会』の絵や、読本の絵...
■違作書留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
丁酉(ひのととり)、同九年戊戌(つちのえいぬ)、同十年巳亥(つちのとい)、同十一
年庚子(かのえね)のまで知るにまかせて、(改頁)飢饉の天災があることは、昔から
その数はきまりがないというが、およそ近くは...