NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
進展の基礎を築く。明治十五年東京師範学校卒業し、小県中学校(現在の上田高校の前身
)教諭、校長となり、明治十九年に長野県師範学校教諭に転じ、二十五年師範学校長とな
った。(注2)こうちやまとら安政二年~昭和五年(1...
■諸国道中商人鑑 [解説]
3 松井田から追分まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
た軽井沢宿は明治維新期には衰微しはじめ、碓氷新道の開鑿、信越線の全通によりすっか
りさびれた。ところが明治19年(1886)アレキサンダー・クロフト・ショーが訪れてから
夏の避暑地として注目されるようになり、内外の...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
栄が専任初代校長として赴任し、師範学校の基礎を作った。明治十六年、松本支校を廃し
て本校を松本に置く。明治十九年(1886)師範学校を長野に移転し新校舎起工。同年浅岡
一が校長に就任。明治二十年付属小学校開校、翌二...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [解説]
4.数千の教師を育てた浅井洌先生
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
匡社創立に加わり、機関紙「月桂新誌」に投稿して大いに自由教育を主張し、教育施策を
提言する」(前掲書)明治19年38歳の時、師範学校が松本町から長野町に移転すると、長
野県尋常師範学校出仕を命じられ、一家をあげて長...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、食物休泊なとは自在に為し得へくして、事を欠くことなし。(改頁)18されと落合村よ
り登る路は、近頃[明治十九年]の開設なるかゆゑに、小屋もなく、中途には只濁川と称す
る、温泉場あるのみ。因て或は飢餓(きが)を免(...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
れから39年後の天保13年(1842)に起工し、檀家の協力も得て安政5年(1858)に竣工し
ました。明治19年(1886)2月8日の松本の北深志町の大火で、本堂・庫裡・廻廊・観音堂
などを焼失。その後、観音堂など...
■上田郷友会月報 創刊号 [解説]
1 「上田小県地域の生き字引」となっている『上田郷友会月報』
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、創刊号が3つもあるのです。1つは、明治18年(1885年)2月1日。2つは同年11月。そし
て3つは明治19年11月29日発行されたものです。「信州地域史料アーカイブス」として取
りあげたのは、3つの創刊号のうち...
■松本繁昌記 上・下 [解説]
2人の編輯人
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
)、百瀬興政(医師・松本市長)らが学んでいます。「松本繁昌記」は、この時期に書か
れたことになります。明治19年9月、浅井は長野県尋常師範学校勤務を命じられ長野に移
り住みます。明治31年11月、信濃教育会は小学校...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
3.木曽と産業
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
中(なかんずく)御嶽山麓のもの最も良く年々其生産馬数1千500頭に登り其価格5万5千円に
達すと云ふ。明治19年産馬組合の設けありし以来、全郡産馬の改良発展に努力し隆盛の機
運に向へり。諸工業工業に従事するものは全...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
[注記]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ある。(注4)三舎(さんしゃ):「三舎を避く」で、おそれはばかって避ける意。(注5)大小
林区署官制:明治19年(1886)大小林区署官制が公布された。それまでの山林事務所を廃止
し、大林区署に林務官・林務官補・書...
『小諸義塾と木村熊二先生』 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
に明治18年に明治女学校を創立したり、『女学雑誌』を創刊したりと、女子教育に力を注
いだが、妻鐙子は翌明治19年にコレラで急死する。その後、伊東華子と再婚するが、華子
が起こした問題に巻き込まれ、木村は女学校の校長...
『長野史料』索引 [解説]
『長野史料索引』解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
875)に大町(大町市)の仁科学校に赴任しました。明治17年(1884)には福島県にもど
りましたが、明治19年(1886)に長野尋常小学校長として招かれ、上水内高等小学校長も
兼ねました。女子教育にも力を注ぎ、明...
善光寺史の研究トピック(テーマ)ねらいキ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
頼でまとめた『善光寺小史』も附載されており、多年の研究成果をまとめた名著と言われ
る。著者の坂井衡平は明治19年に現在の伊那市西春近に生まれ、長野師範・東京高等師範
をへて東京大学国文学科を首席で卒業した逸材だった...