NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光寺案内 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
大正7年、13年、昭和5年、11年と続きました。江戸時代の善光寺御開帳は不定期に行われ
ていましたが、明治15年以来、子(ね)年と午(うま)年に行われるようになりました。
善光寺御開帳に合わせた出版が行われるように...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
くのを聞いた、本年も終りとなったが、增田先生のをかげで、漢藉(かんせき漢文)は相
当に読んだつむりだ。明治十五年を迎へて、十九歳となった、髯(ひげ)なぞもうっかり
して居(い)ると、伸びて来るので、実にやりきれなく...
「長野県下ノ小学教員二告ル文」 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
シ、学校ヲ嫌悪スルノ念ヲ生スルニ至リ、教育ノ不幸モ亦極マルト云フベシ。「以下次号
」(『信濃毎日新聞』明治十五年十一月十二日)○長野県小学教員ニ告ル文ノ続普通教育ニ
於テハ殊ニ徳育体育ノ二者最モ緊要ナルニモ係ラス、...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
[注記]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
出身で東京山林学校に学んだ。同校は近代林学・林業をドイツで学び日本に伝えた松野は
ざま(石偏に間)が、明治15年(1882)12月に東京西ヶ原に創設した学校である。しかし同校
は開校4年で駒場農学校と統合されて東京...
善光寺の御開帳・出開帳トピック(テーマ)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
/2/サイト名 国立国会図書館サーチ3 URLhttp://iss.ndl.go.jp/1 見出し 明治十五年
開帳記事発行機関 信濃毎日新聞社年月日 明治15年4月3日2 見出し 明治二十七年の開帳
記事発行機...
■諸国道中商人鑑 [解説]
4 小田井から本山まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
場所である。中山道塩尻宿は、古町付近や近郷の人々を集めて宿役人を定め伝馬制を整え
た。宿は文政11年と明治15年の大火で大部分を焼失、宿の中心部を国道20号線が通ったこ
ともあり、昔日の面影を探すことはむずかしい。...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、九月九日に長野師範学校本校(旧県立図書館、現在長野市立長野図書館の場所)に生徒
の授業を天覧された。明治十五年(1882)七月、能勢栄が専任初代校長として赴任し、師
範学校の基礎を作った。明治十六年、松本支校を廃...
■諏訪蠶絲業紀要<昭和5年> [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
而シテ釜数及生糸産額等別表ニ示スガ如キ盛況ヲ呈スルニ至レリ(改頁)一、諏訪製糸研
究会諏訪郡の製糸業は明治十五年に総釜数千三百にして十年後の明治二十五年には八千四
百二十釜となり明治三十五年には一万四千釜に達せり以...
■分県之建白 [現代訳]
分県の建白
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
本の県庁が廃されたことは、寝ていても何度も夢にまででてきて、その無念さはとめるこ
とができません。去る明治15年7月、7郡の人びとが一致して分県・移庁を唱え、総代者2
人を上京させ、請願・建白の二書を差し出して必死...
■分県之建白 [翻刻]
分県之建白[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    6.行政、政治等の記録
スルニ至ル、爾来歳月荏苒数裘葛ヲ閲スルモ廃庁ノ感夢寐ノ間ニ往来シ痛慨ノ情禁スル能
(改頁)4ハス、去ル明治十五年七月七郡ノ人民一和昂起シテ分県置庁ノ説ヲ唱ヘ、総代
者丸山英一郎・村上伝五郎ノ両人ヲシテ出京セシメ、請...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
4.中等程度の林業教育の現状
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
て森林の整理開発と同時に、諸般の林業改良機関の設備に奔労(ほんろう)せられ、歩は一
歩より向上して終に明治15年8月東京西ヶ原に東京山林学校の開始を見る。氏は親しく講
座に臨みて林学を講ぜられ、我国林学の鼻祖(びそ...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎御料局(注8)技師林学士江崎政忠氏演説(注9)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
)が、局長から生徒に何か話せと言ふことだから聊(いささ)か山林学校に就ての話を致し
ます。我日本にては明治15年に始めて山林学校を東京西ガ原に設けられたのであるが、設
立当時学校を設ける位置に就ての評議を致したに、...
■信州善光寺御堂額之写 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
1794)のものが最も古いので、それ以後の出版であることが分かります。何度も出版を繰
り返したらしく、明治15年(1882)には信州長野書林松葉軒の西沢喜太郎が増補し、『信州
善光寺御堂額之写并ニ霊験記』として出版...