NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
御城下古法并抜書集市場古法書桜井氏蔵書【(朱書)目録】【(朱書)一】一寛永2乙酉
年閏4月25日横の商売の事【(朱書)二】一寛文4甲辰年1月13日横商売物13品禁止の
事【(朱書)三】一享保2酉年1...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
となく降り続き、翌八月一日朝五ツ時(午前八時頃)、浅間山のほうから夥しい音が聞こ
えました。すると与良大橋へ泥流が押し寄せたと、茶屋からしらせてきました。早速出
かけて見ると、もはや橋が押し流され、小諸城...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
壬戌年七月小廿九日夜之九ツ時より雨降出し、無止事降続キ、翌八月朔日朝五ツ時浅間山
夥敷鳴ル、然所ニ与良大橋江水出候と茶屋より告来ル、早速罷出見申所ニ最早橋押流シ
、御門之内迄水押入、水之高サ三丈之余、横向...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
頁)3皆徃安楽国歳在丁酉春二月上浣梧竹頓《レン》題(改頁)5標符◎長野停車場ヨリ善
光寺ニ至ル本通リノナリ。○外ノ方エ行ナリ。(改頁)善光寺独案内豊斎如真編輯各
位善光寺まゐりをなされるに、何処のステー...
寺子屋入門記録「壱番入門記録」 [翻刻・注記]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
左衛門殿息子一当酉拾弐歳平松金吉郎爪印【(付箋)「現住上飯田羽場松下宇三郎祖父明
治三十五年調」】知久三丁目同断綿屋与市殿息子一当酉拾弐歳細沢寛五郎爪印同同断柊
屋四郎兵衛殿息子一当酉拾歳金子山三郎爪印(...
1600年代における佐久地方の田開発ト
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
1600年代における佐久地方の田開発トピック(テーマ) ねらい キーワード 概要を知る
ための ツール 資料リストインターネット情報...
■違作書留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
たいへん寒く、雪が降った、四月十二日に、我らは戸倉(とぐら、埴科郡)へ、早朝に出
発して出かけた、神戸田(ごうどしんでん)の定之助ともに、この日は太陽が赤いこと
、空は霞のようにになり、そのなかから御影が...
■違作書留帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
からす(改頁)天保四癸巳年違作春雪節々降三月朔日頃大さむ、雪降〇四月十二日、我等
戸倉へ早朝出立罷越、田定之助共、同日日天さまの赤き事、空ハ霞の様になり、其中よ
り御影かが(ママ)/\とおがめる、山野に至...
「月桂誌」(7冊) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
[目録]松本市文書館小松芳郎『月桂誌』は、明治12年(1879)1月6日創刊の第1号から
、同14年6月16日の第144号にわたり、松本...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
書集市場古法書桜井氏蔵書(改頁)(改頁)【(朱書)目録】2【(朱書)一】一寛永二
乙酉年閏四月廿五日横商売之事【(朱書)二】一寛文四甲辰年正月十三日横丁十三品御
停止之事【(朱書)三】一享保二酉年十一月在...
寛保二年十一月堤防工事嘆願口上書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
通じて小諸藩領である。その望月宿へ江戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂を越
えて下って行くと望月に出る。望月の家並は、下り坂から始まり、右折して鹿曲
川に平行して存在した。その家並がほぼ終わっ...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
通じて小諸藩領である。その望月宿へ江戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂を越
えて下って行くと望月に出る。望月の家並は、下り坂から始まり、右折して鹿曲
川に平行して存在した。その家並がほぼ終わっ...
寛保三年二月宿場引き移し嘆願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
通じて小諸藩領である。その望月宿へ江戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂を越
えて下って行くと望月に出る。望月の家並は、下り坂から始まり、右折して鹿曲
川に平行して存在した。その家並がほぼ終わっ...
寛保三年三月復旧方懇願書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
通じて小諸藩領である。その望月宿へ江戸方面から行く場合、寛保二年以前は瓜生坂を越
えて下って行くと望月に出る。望月の家並は、下り坂から始まり、右折して鹿曲
川に平行して存在した。その家並がほぼ終わっ...
栗岩英治トピック(テーマ) ねらい キー
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
歴史を考える点にあり、その出発点が栗岩英治。栗岩英治の代表的 著作、業績を紹介す
る。信濃史料 長野県村誌 市河文書 古文書 信濃古牧 信濃荘園 下 水内 諏訪
 善光寺 上杉謙信 宗良親王 穂高神社 海...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
て、東から北にかけて、がらがらみしみしという物音が聞こえ、肝を冷やすほどの凄まじ
さでした。これは伊勢・中・肴あたりの家の倒れる音でした。表の部屋に出ると、
戸障子がみな外れており、これを踏み越え乗り...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
続きて奉送者一同夫々に帰京せり。3此日は浦和に御宿泊、翌三十一日は桶川御宿泊、九
月一日は熊谷、二日は、三日は前橋、四日は高崎、五日は松井田に御宿泊あらせられ
たり。此日我長野県令楢崎寛直(注三)は行在...
■上田案内 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
産出とし、旅客商売の往来繁く」と、明治末の「蚕都上田」を的確にあらわしている。〇
官衙公署トップに上田役場、所在地は原一丁目とある。以下の上田警察署(下房山)
や上田郵便局(海野)などとともに、官公庁...
■信州飯田家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
信州飯田城下屋の覚え一信濃国下伊那郡郊戸庄飯田郷六本杉長姫城は、下伊那の一城で
、一里東は天竜川一里西は風越山です...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
12.本校の実習に対する便宜
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
:とりまく)せられ、朝暮欝葱(うっそう)たる美林と相親むを得るのみならず、本校創立
以来経営せる80余歩の演習林の内字城山演習林面積70余歩は僅かに一渓水を隔てゝ校
舎と相対し(営校舎)、恰(あたか)...