NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
寛保二壬戌歳満水記 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
家11軒流、内[寺1軒袮宜家1軒]御用木500本余流、田畑砂入、用水堰10町押抜、上平村一
用水堰土手押切、田畑残らず砂入、新山村一用水堰山抜押払い、田畑砂入、堰押し埋り、
網懸(掛)村一大口六ケ村用水堰口破...
寛保二壬戌歳満水記 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
壱軒袮宜家一軒]御用木五百本余流、田畑砂入、用水堰拾町押抜、 (改頁)8上平村一
用水堰土手押切、田畑不残砂入、新山村一用水堰山抜押拂、田畑砂入、堰押埋、網懸(掛
)村一大口六ケ村用水堰口破脚却、本...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
往来村々水付の様子のみ摘要す、(改頁)大室村軒下又ハ鴨居下迄水付、居家流候も多分
、川田宿千曲川除土堤押切、村上より水押入鴨居下迄、須坂御領綿内村床上四五尺水入、
二尺前後ニ泥入、流失之家夥敷流寄、往来難相成...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
(改頁)64○寛保二戌年八月二日大満水之事八月朔日雨ふり出し急満水、同日暮方押切分水
土橋へ支候、夜半時松川満水、松村小布施町之上ミへ押かけ、中条六川北岡へ押かけ、福
原新田大島飯田別...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
八月一日に雨が降り出して千曲川が急に満水し、日暮れには押切の土橋に達した。夜中に
は松川が満水して、小布施や六川・大島など一面へ押し入った。その時の水によって、...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
抜まじと皆思ひ居しに、大浪一度打懸るとみし間に、忽チ十丁の堰留を一時に押払、高浪
打て二の湛をも一時に押切、小市へ出たる時、水の高さ六丈六尺ほと有しと云、彼真神の
大抜を押はらい、小市の町を片側崩して真直に流...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
に新たに書きまとめたものである。現在は高井鴻山記念館に寄託されている。牛島の者達
が漂流して一周した、押切から小沼、大熊、桜沢にかけての地域は、延徳沖と呼ばれる水
害常襲地域である。延徳沖は、千曲川の自然堤防...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ケ所ハ三十丁程一ケ所ハ五丁程の間川中へ押入、其辺押埋候村方も有之、然処多分岩石之
儀ニ付、迚も水勢ニ而押切兼候様子、依之次第ニ堪、平水より凡七八丈ニも可及、就夫数
ケ村水中ニ相成、其辺湖水之体ニ御座候、勿論種...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
武神、妻子とも/\信仰し持合せたるきれものもなけれハ、脇差引抜、髻を (改頁)
 押切りて心願を祈り、あたりをうち詠れバ、何鹿(いつしか)に出火となり、盛ん
に燃立、方角は大門町上ノかた、...
寛保二年八月 上畑村水災救恤願 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
以只今迄村居相立罷有候所ニ、此度之満水ニ而村東ハ千曲川、村南ハ大石川、村西ハ八郡
川、2北者沢入川河除押切り、村前後左右より水押掛ケ、男女逃候儀相叶不申、右之人馬
・家財流死・流失仕侯、依之相残り候者渇命ニ及...