NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
した村も、詳細に知ることができます。観光案内図としてこの図に描かれた北信濃は、江
戸時代から、善光寺・戸隠・姨捨・川中島古戦場などの名所がある観光地でした。この図
でも善光寺・戸隠は大きく記載されていますし、...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
他の48院は、建物が一瞬の間にすべて焼けてしまいました]同(3月)28日、未明、裾花川
の祖山(長野市戸隠祖山)・倉並(長野市七二会倉並)辺にたまっていた水が初めて流れ
出しました。[これにより丹波島の渡しで...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
祷が別当と神主に命ぜられ、6日のうち御側用人が代参なさり、結願のための名代を石州
子が務めました。また戸隠山にも水災の祈念を命ぜられました。これは、犀川は戸隠権現
のお守りになる川なので御祈念をお頼みください...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
御両宮ニて一七日のいのり別当神主へ命せられ、六日のうち御側用人御代参、結願に御名
代石州子勤られぬ、又戸隠山にても水災の祈念を命せらる、是ハ犀川ハ戸隠権現の守り給
ふ川なれは御祈念御頼あれかしと栃原村より願出...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ょう。「湯福社」(湯福神社)の脇から「シヲサハ」(塩沢)を通って「アラ安」(荒安
)方面に通じる道は、戸隠古道です。1-109永井善左衛門幸一の仮屋です。戸板や襖など
を組み合わせて縄で結んだだけの、間に合わ...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ま火事に遭い、何日か後に掘り返してみると、そのまま炭や灰になっていました。また下
祖山村白心庵(長野市戸隠祖山)などは、岩石が崩れて寺は地中に埋まりましたが、住僧
はもとより寺全体がどこに埋もれたか分からない...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
を言ったものでしょうか。今も北の郡には大沼がたくさんあります。これはそのなごりで
しょう。この地は北に戸隠の険しい山々があり、南には犀川が流れ、西に境川があり、東
に裾花川があって、いわば島のようになっていま...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
水内の海と聞へしも此辺をいへるにや。今なを北の郡に大沼あまたあり。これそのなごり
なるべし。この地北は戸隠の峻嶮(けハしき)により、東南に犀川を帯ひ、西に境川あり
、東に澣花(すゝハな)川あり。いはゆる島をな...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
尽ク焼亡ス]四月七日[丙辰]巳刻大風にはかに発し雹降る。[是時西南ノ天如摩墨。大雨至
夜倍不止。翌八日戸隠山滂沱トシテ洗ガ如ト云]同十日[己未]自巳至未刻暴風大雨木をぬ
く。[今日人ミナ以為犀川溢レ出ト。資財...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
相成与見受申候、(改頁)同村分地へ取付候グンダリと申場所、余程広キ田ニ御座候、後
之方鬼無里往来ニて、戸隠へ出候道筋之方より山抜落、泥石等多く、無役夲田二十石新田
十石余も押候旨、尤無難之耕地も御坐候へ共、水...
寛保二壬戌歳満水記 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、橋落山抜2ケ所、田畑数多損、鼡宿新地村一右両村用水堰200間余川欠、大堰口欠入、泉
平村一道橋欠抜、戸隠往来当分不通、もっとも多ハ山抜破損である、桜村一田地道橋共諸
所押払い、山沢或は山抜水にて押払い、小島...
寛保二壬戌歳満水記 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
水堰橋落山抜弐ケ所、田畑数多損、鼡宿新地村一右両村用水堰弐百間余川欠、大堰口欠入
、泉平村一道橋欠抜、戸隠往来当分成不申、尤多ハ山抜破損申候、 (改頁) 桜
村一田地道橋共諸所押払申候、山...