NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
戌の満水」(寛保2年の洪水)による小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
戌の満水」(寛保2年の洪水)による小諸の被害トピック(テーマ) ねらい キーワード
概要を知るための ツール...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]小諸市古文書調査室斉藤洋一千曲川流域において、一地域単位で「戌の満水」によ
る最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場でもあった小諸
町(現小諸市)...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]小諸市古文書調査室斉藤洋一千曲川流域において、一地域単位で「戌の満水」によ
る最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場でもあった小諸
町(現小諸市)...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]小諸市古文書調査室斉藤洋一千曲川流域において、一地域単位で「戌の満水」によ
る最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場でもあった小諸
町(現小諸市)...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]小諸市古文書調査室斉藤洋一千曲川流域において、一地域単位で「戌の満水」によ
る最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場でもあった小諸
町(現小諸市)...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]小諸市古文書調査室斉藤洋一千曲川流域において、一地域単位で「戌の満水」によ
る最も大きな被害を受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場でもあった小諸
町(現小諸市)...
寛保2年 戌の満水 原町問屋日記より [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]上田歴史研究会阿部勇上田地域の「戌の満水」については『原町問屋日記』『海野
町問屋日記』『信濃国小県郡年表』に書き留められています。さらに小県...
宮坂弥五左衛門古記録 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
である。記述は詳細である。執筆にあたって、様々な史資料・伝承を参照したと思われる
。この史料のなかに「戌の満水」の寂蒔地域の被害状況が記されている。「戌の満水」に
関しては、流域の各地に古文書が残されているが、坂...
割田家文書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、田畑も千曲川近くのくぼ地に位置しているため、度重なる千曲川の水害に苦しめられて
きた。笠倉村における戌の満水の記録は、次の五点が地元に残されている。・(寛保二年
)八月六日乍恐以書付ヲ申上候御事・寛保二年八月乍...
寛保二年八月 上畑村水災救恤願 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]小諸市古文書調査室斉藤洋一千曲川上流域で「戌の満水」の最も大きな被害を受け
たのは、佐久郡上畑村(現佐久穂町)であった。寛保二年八月の「上畑村水災救恤願...
寛保二年九月上畑村水災につき当立毛御見捨願 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]小諸市古文書調査室斉藤洋一千曲川上流域で「戌の満水」の最も大きな被害を受け
たのは、佐久郡上畑村(現佐久穂町)であった。寛保二年八月の「上畑村水災救恤願...
寛保二年十月上畑村総百姓往還道・屋敷移転取極証文 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]小諸市古文書調査室斉藤洋一千曲川上流域で「戌の満水」の最も大きな被害を受け
たのは、佐久郡上畑村(現佐久穂町)であった。寛保二年八月の「上畑村水災救恤願...
寛保二壬戌年金井村戌出水万覚留帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、流れ家53軒、倒れ家9軒、無事だった家はわずか3軒に過ぎなかった。瀬田家には「万覚
留帳」のほか、「戌の満水」による耕地の被害状況を書き上げた史料(「寛保三年四月二
十一日田畑屋敷并新切永流当流書上帳」)が残さ...
千曲川・犀川と水害についてトピック(テー
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
水害も引き起こ してきた。その水害の歴史と治水について知ることは重要である。寛保2
年 千曲川大洪水 戌の満水 千曲川の自然、荒れる千曲川 用 水と上下水道 渡船と
通船 自然堤防と人 民俗 たたかいの跡 橋と ...
書留帳(延徳田んぼを漂流した話) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
延徳沖は千曲川水害を最小限にくい止めるための、遊水池の役目を果たしていた。そんな
延徳沖周辺の村々は、戌の満水で大被害にあうことになった。その様子は、この「延徳田
んぼを漂流した話」の続きに書き写されている「寛保...