NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
り。御小休(おこやすみ)所は旧脇本陣中村喜左衛門邸内の土藏を取払ひて、牟礼同様有
志中村六左衛門、中村徳右衛門、其他地方の約二百名の醵金(きょきん)にて修築したる
ものなり。玄関を上り、本宅邸内を通じ、泉水の上に...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
月の太径は5寸ほど、星は大小あって数18、9あります。この石は、昔は梓川の河原にあっ
たのを、島々村の徳右衛門という人が採り上げて家の庭に置いてあったのを、もったいな
いといって、現在の所へ引き上げて安置したとい...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
日月星はうす赤色なり、日月の太径五寸程、星は大小有て数十八、九あり、此石昔梓川の
河原に有しを、島々村徳右衛門といふ者採上て、家の庭に置しが、勿躰なしとて今の所へ
引上、安置せしと也、(略)穂高に帰りて貝梅村の乳...