NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
善光寺地震トピック(テーマ)善光寺地震ね
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
善光寺地震トピック(テーマ)善光寺地震ねらい弘化4年(1847)3月24日(太陽暦5月8日
)夜10時ごろ、善光寺町から虫 倉山周辺を震源地としたマグニチ...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
を動かすのだといいます。これはみな陰陽五行五性(木火土金水)の変化によって起こる
ものだそうです。さて弘化4年(1847)丁未3月の下旬24日の夜亥の初刻(午後10時頃)、
思いもかけない大地震が起こり信濃国全域...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
あります。「本城又カリネカヲカ」と書かれた城山には、満開の桜が描かれています。善
光寺御開帳が始まった弘化4年(1847)3月10日(旧暦)は、現在の暦では4月24日に当た
ります。この図は御開帳が始まったころで...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
夏木立」と、隣近所もはばからず口ずさむのどかな里も多いことでしょう。こういう話が
あります。今年丁未(弘化4年)3月下旬、山仕事をしていると、暴風が吹き起こって山野
に激しく響き渡りましたので、正気を失っておりま...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
4、御用留の書かれた年
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
この「御用留」の書かれた弘化4年、5年の、信濃国の出来事をみてみましょう。弘化4年
(1847)3月9日に、善光寺で御開帳がおこなわれ...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
り。茲(これ)皆 (改頁)7 陰陽五行五性の変化より発行する処なりとかや。
今爰に弘化四年歳次(ほしやとる)二丁未一清明の下旬二十四日の夜亥の初尅(しょこく
)、天災不思議なる大地震を発し信濃...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
1、御用留
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
た。白板村の折井家は、この庄内組の大庄屋でした。折井家には80冊ちかくの御用留が所
蔵されていますが、弘化4年(1847)の「御用留」が、今回紹介したものです。この年の
正月からの1年間と、翌嘉永元年12月までが...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
5、「御用留」にみる善光寺大地震の記録
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
い記録は三日からはじまっています。本書によって、大庄屋の諸々の任務の実態の一端が
あきらかになります。弘化四年で特筆すべきことは、善光寺大地震がおきていることです
。収録した「御用留」によっても、当時の様子を知る...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
認めて村役人より右の寺へ差し出すこと、一、今年の春からとかく不順が続き、ことに丙
午(弘化三年)丁未(弘化四年)は、御上でもことのほかご心配され、今年も筑摩八幡・
宮本神明・穂高明神で御祈祷もしたほどで、こ御祈祷...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
[目録]長野郷土史研究会小林一郎善光寺地震の被災図弘化4年(1847)3月24日に起こった
善光寺地震の被害は広範囲に及び、被害も家屋の倒壊ばかりでなく、山崩れ...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
弘化4年(1847)春3月24日、信州の大地震で山が崩れて川をせき止め、水をたたえている
図○『三代実録』(巻...
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
るというものが、同寺の什物にある。牛とのみ思ひはなちそ菩提てふ道に入べきおのが心
を妙蓮尼この虎跡堂は弘化4年の震災に遭い、観音は刈萱山西光寺に移した。今の布引観
世音の尊像がそれである。ちなみに、世間に知れ渡っ...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の詠歌なりとて、同寺の什物にあり。妙蓮尼うしとのミ思ひはなちそ菩提てふ道に入へき
おのが心を此虎跡堂ハ弘化四年の震災に罹り、苅萱西光寺にうつし、今の布引観世音の尊
像則是なり。因ニ曰、人口に膾炙す小県郡の邪見の老...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
『地震後世俗語之種』の価値
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
示すなど(2-74)、説明的な絵も交えて、地震の生々しい体験を絵で伝えています。善
光寺地震が起こった弘化4年(1847)3月24日(現在の暦で5月8日)、善光寺では御開帳が
行われていました。『地震後世俗語之種...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
著者
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
酒屋を営んでいました。若いころは江戸に出ていたので、その時に絵を習ったのでしょう
。善光寺地震のあった弘化4年(1847)当時、幸一は34歳で、妻イト(糸)29歳、娘ジュ
ン(順)16歳、息子乾三9歳の4人家族で...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
『地震後世俗語之種』の価値
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
示すなど(2-74)、説明的な絵も交えて、地震の生々しい体験を絵で伝えています。善
光寺地震が起こった弘化4年(1847)3月24日(現在の暦で5月8日)、善光寺では御開帳が
行われていました。『地震後世俗語之種...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
著者
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
酒屋を営んでいました。若いころは江戸に出ていたので、その時に絵を習ったのでしょう
。善光寺地震のあった弘化4年(1847)当時、幸一は34歳で、妻イト(糸)29歳、娘ジュ
ン(順)16歳、息子乾三9歳の4人家族で...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れています。2-742-72に「犀川の平水と村山村の高低を見競図畧」とあります。それに
よれば、昨年(弘化4年)の夏に村山村(長野市篠ノ井山布施)の荒神堂(三宝寺)に参
詣した時、裏の少し高い所にある松の梢にごみ...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で、そちらをを参照してください。善光寺地震の被災図原昌言による出版観光案内図とし
て図中の文上段の文章弘化4年(1847)3月24日の善光寺地震の発生から、4月13日の大洪
水を経て10月に至るまでの、経過をまと...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
弘化4年(1847)夏4月13日、信州犀川が決壊して、六郡が水没している図今年(1847年)
の春3月24日の...