NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光道名所図会 [現代訳] 善光道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
わきにある袖が池の傍にあります(馬喰町)。本尊は阿弥陀如来、脇立地蔵菩薩(恵心僧
都作)、浄土宗。このは松本の駅長(松本宿の問屋)倉科という者がまだ駅長でなかっ
た頃の宅地でしたが、のちにとなりました。...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
いたのです。これは聖人賢者の教えを守らなかったためと後悔しています。自らが招いた
禍いは逃れがたく、健を損ね、恥を忍んで再び故郷に帰り、養母が立腹されるのをたし
なめて許しを願いましたが、これを受け入れて...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
)である。天照大神が天の岩屋に籠られた時、暗黒の世界となってしまったので、神々は
岩戸の前に集まって神を奏し、常夜(とこよ)の長鳴き鶏(どり)を鳴かせたので、天
照大神は岩戸を細く開けられて、その神をご...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
御神ハ手力雄命なり。日の神天石屈に籠らせ給ふ時、常夜の国と成りしかバ、もろ/\の
神達磐戸の前に集り神を奏し、常夜のながなき鶏をうたハせ給ひけれバ、日の神磐戸を
細く明給ひ、其神をみそなわし在すを、かね...
■違作書留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
ゆもろ共に、実法五くさ、我等田方うんかすくなし、有かたき事」、七月二十一日、松本
清水(しみず)の全昌の庭の芭蕉の花を見にゆく、九本のうち、開いた蓮華(れんが)
のような中に花があり、その花の下より上へ段...
■善光独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
長野街1善光独案内近傍名所(改頁)2長野細見近傍名所善光独案内(改頁)日本大乗
界本師如来前一歩清浄地(改頁)3...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
りとして御輦を召させられ、御門外まで輾(てんきし・るころがる)らせ給ふ時、茲(こ
こ)に整列したる陸軍隊は一斉にを奏す。御行列は警視官数十人騎馬(きば)にて先
導し奉り、儀仗兵(ぎじょうへい)、御旗、次...
■松代イラストマップ
19白鳥山證蓮
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
松代案内   19   白鳥山證蓮證蓮證蓮写真をクリ
ックすると、フルサイズの画像が表示されます。白鳥山證蓮(しらとりさんしょうれ...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
哉(改頁)5一夜はかりの露の契りにと二首畳紙に記し、花に結ひ付けて出つ。午前五時
、上諏訪を発し、神宮村の国幣社に参拜して、暫時休止し、杖突峠を越ゆ。頂上迄は三
十丁と聞けと、半腹以上斜面甚た急にして、其...
松井須磨子トピック(テーマ)松井須磨子ね
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
料リスト牡丹刷毛(ぼたんばけ) 前澤誠助 女優 坪内逍遥 文芸協会 島村 抱月 
芸術座 須磨子芸術倶部 松代 人形の家 カチューシャの唄 ゴンドラの唄 中山晋
平1 書名牡丹刷毛著者名 出版社 出版年松...
■善光独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
皆様が善光参りをなされるのに、どの駅より乗車されたとしても、到着は長野停車場で
ある。切符を渡して外に出て、正面...
子屋入門記録「壱番入門記録」 [翻刻・注記]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
おたみ爪印(改頁)同断同断当福屋才八殿娘一当戌拾一歳前沢おみき爪印同断同断叶屋忠兵
衛殿娘一当戌拾一歳尾おぢゅう爪印裏町正月二十一日綿屋覚次郎殿妹一当戌九歳細沢お
まき爪印(改頁)10知久町三丁目同断山田...
『説諭要略』巻一 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
もそも)学校ノ挙タルヤ。君ニ忠ヲ尽シ。親ニ孝ヲ尽シ。上ハ敬シ。下ハ憐ミ。和睦以テ
年ヲ踰(こえる)。安以テ日ヲ渉(わたり)リ。家ニ奸盗(注2)ノ人ナク。野ニ餓〓(がひょ
う)(3)ノ人ナク。風ヲ易(か)へ...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [解説]
著者、絵師等
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
『二十四輩順拝図会』の著者了貞は、河内の国専教(大阪府守口市)の僧でした。絵師
は大坂の浮世絵師、竹原春泉斎清秀です。春泉斎は名所図会の絵を多く手掛...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [解説]
伝説の宝庫
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
『二十四輩順拝図会』のおもしろさは、単なるの由来の説明にとどまらず、宝物にまつ
わる伝説を、絵を交えて興味深く語っている点です。瀬踏の阿弥陀如来...
■小諸繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
記』が明治三十一年に発刊されます。しばらくして、『下高井繁昌記』(同三十六年)、
『長野繁昌記一名善光案内』(同三十七年)などが続き、明治三十八年十一月には『小
諸繁昌記』が発刊されることとなります。同じ...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
)10(中略)明治二年正月、私が六歳になったので、町内の增田先生(名は秀実帽岳と号す
)(注1)の門に入りをした、門弟が頗(すこぶ)る多く、部屋の隅から隅まで机を並
べて、一杯であったことを覚へて居(い)...