NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
正月元旦、2日、3日、御目見え仰せつけられ、大庄屋の皆と例のとおり在方の者も出席し
、午後2時半に終わった。大庄屋の藤森・栗林・丸山・等々力・清水・上原...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
一筑摩村社等風折木見分不及候品、勝手次第被片付候(改頁)59様、御達し桐原分長右衛
門重兵衛松本分町分庄屋宮淵村喜代次宇十郎茂助半右衛門右之者共通用金滞候ニ付、早々
上納罷出候様、御達可被有之候以上、河野左吉...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
閏4月25日杉本所左衛門 束原市右衛門知久町通り本町通り池田町通り松尾町通り大横町通
り右町中年寄問屋庄屋【(朱書)2○】定一穀類一塩一魚鳥一青物類加えて豆腐・こんに
ゃく一太と物一くり綿一麻布一鉄類一紙一細...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
廿五日杉所左衛門 束市右衛門知久町通り本町通り(改頁)6池田町通り松尾町通り大横町
通り右町中年寄問屋庄屋【(朱書)弐○】定一穀類一塩一魚鳥一青物類一太と物一くり綿
付り豆腐・こんにゃく(改頁)一麻布一鉄類一...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
仰せ出される問屋原久内代町役人たちへ申し渡す覚一公事・訴訟そのほか願い等のことは
、その町支配の問屋・庄屋が相談し、年寄たちへも相談すること。そして内々に済す様に
取り計らうようにすること。その上すまないこと...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
頁)11享保廿年卯十一月被仰出候問屋原久内代御町役人共江申渡覚一公事訴訟其外願等之
儀、其町支配問屋・庄屋申談年寄共江茂遂相談、内証ニ而相済候様取斗可申候、其上不相
済儀ハ町下代迄内意申達、其上可差出事一他所...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
3、大庄屋と折井家
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
安曇郡のそれぞれの組内の諸村を管轄するために、はじめは「組手代」が置かれます。「
組手代」は、のちに大庄屋(おおじょうや)となります。享保11年に、松本藩の領主戸田
氏は、大庄屋宛にだした「覚」のなかで、「こ...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
宿がよいのか、こぼれと名を付け皆大横町へ行くようになったので、竪町は寂しくなって
しまいました。知久町庄屋與右門は、このことを申出し相談して、寛永年中にお願いした
ところ、町御奉行下津屋金左衛門様が聞届けてく...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
馬被仰付、市馬付候処、大横馬宿宜敷候故歟こぼれ(改頁)と名を付皆大横町へ参り、竪
町淋敷成候故、知久町庄屋與右衛門此義を申出し相談相極、寛永年中御願申上候処ニ、町
御奉行下津屋金左衛門様御聞届被遊、塩茶肴荷向...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
みました。八月二日からその掘り出しを行いました。町や村の人々が多数参加して死人を
掘り出しました。本町庄屋五右衛門父子、問屋平右衛門父子・娘(妻は流されましたが、
助かりました)、清右衛門と妻・母(娘は助かり...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
本町流死之人馬移(夥)敷押入、八月二日より堀(掘)出申候、町在々人足移(夥)敷人
込死人堀出申候、本町庄屋五右衛門父子、問屋平右衛門父子娘男女、妻計流候へ共不死、
清右衛門妻母並男女共ニ流死、娘壱人助ル、清左...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
1、御用留
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
摩郡五組のうちのひとつで、享保十年段階で13か村が組内にありました。白板村の折井家
は、この庄内組の大庄屋でした。折井家には80冊ちかくの御用留が所蔵されていますが、
弘化4年(1847)の「御用留」が、今回...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [解説]
5、「御用留」にみる善光寺大地震の記録
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
の記述は、弘化5年正月元旦からはじまりますが、詳しい記録は三日からはじまっていま
す。本書によって、大庄屋の諸々の任務の実態の一端があきらかになります。弘化四年で
特筆すべきことは、善光寺大地震がおきているこ...
■拾八町家並帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ます。また油屋・樽屋・紺屋・檜物屋など仕事に関連した屋号もみられます。町役人は、
年寄・問屋・問屋格・庄屋庄屋格などで、間口の長さが長かったり、家を何軒か持って
いたりします。彼らは納税の一部が免除されてい...
■拾八町家並帳 [翻刻]
傳馬町弐丁目
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ニ明法院ハ五間二尺五寸大工清五郎五間四尺ニ大工文五郎ハ五間八寸大工藤七五間一尺ニ
大工藤八七間四尺八寸庄屋新兵衛二間三尺五寸ホ道碩ニ二間八寸庄屋新兵衛扣三間ホ角屋
利助ニ三間三尺大工嘉吉専照寺細屋通五間三尺ホ...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
今年より十九ケ年前之を催し、其当時氏子より五ケ年間ニ有志積立金をなせり、当家にて
も金五両出す。此時之庄屋兼子七郎右衛門添役兼子愛喜之助[兼帯諏訪部]田中作左衛門山
口村庄屋望月吉作一同家之日記文化七年三月廿...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
原昌言による出版この図を出版した原昌言(1820―1886)は、上塩尻村(上田市上塩尻)
の人で、後に庄屋を務めました。上塩尻は蚕種の製造販売で知られた村で、昌言もそれに
携わっていました。そうした中、昌言は...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
次第書」と題し、小諸町の被災状況と、復興のための幕府役人の見分の様子などが記され
ている。これは与良町庄屋の藤吉(小山隆司氏の先祖)が記したものと考えられるが、見
分役人を案内した際に、見分役人とほぼ対等に話...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
次第書」と題し、小諸町の被災状況と、復興のための幕府役人の見分の様子などが記され
ている。これは与良町庄屋の藤吉(小山隆司氏の先祖)が記したものと考えられるが、見
分役人を案内した際に、見分役人とほぼ対等に話...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
次第書」と題し、小諸町の被災状況と、復興のための幕府役人の見分の様子などが記され
ている。これは与良町庄屋の藤吉(小山隆司氏の先祖)が記したものと考えられるが、見
分役人を案内した際に、見分役人とほぼ対等に話...