NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■扶桑之蠶6巻 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
は原本が不明であるため、『続錦雑誌』から『信濃史料』に採られたものが、いくつもあ
る。当時の雑誌には、広告が巻末に載っていることが多い。まず、高島諒多の「蚕文社」
が「社告」を、次に工藤善助らの蚕種組合「工藤...
■諸国道中商人鑑 [解説]
4 小田井から本山まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
衆定宿柏屋新九郎」の隣のスペースは黒く塗りつぶされている。はじめは旅籠屋名か店名
が載せられていたが、広告料金を納入しないので削除したのか。とすると、この冊子が初
版ではないのかもしれない。『木曽名所図会』に...
■善光寺独案内 [解説]
『善光寺独案内』の広告
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
『善光寺独案内』には、末尾に長野市の商店の広告が大量に掲載されています。その数を
町別に整理すると、次のようになります。大門町29新町7後町4立町4...
■上田案内 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
会阿部勇飯島雪堂の『上田案内』は、明治四十年十月に発行された。案内書であるためか
、目次のあとに商店の広告。続いて「上田市街図」と上田城址ほか写真三点。次に、「総
説及沿革」からはじまる本文。ページを追って内...
別所温泉誌 [解説]
《交通》
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
に、上野直江津間の汽車発着時刻及び運賃表が載せられ、別所温泉誌の本文が終わります
。巻末には七ページの広告があります。温泉案内書に旅館広告は当然ですが、蚕種広告
載るのはめずらしいことです。その広告主は「有...
■小諸繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
くの領主が代わり、牧野氏が明治維新まで治めたことを述べています。第四節小諸町の写
真・絵図まず、商店の広告が九ページ載っています。次に、「小諸尋常高等小学校講堂(
明治三十四年新築)」からはじまり「布引山の掘...
伊那繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
ば、ただこのようなものをこのように書いてみたというにすぎない。」と書いています。
また「本書は主として広告を集めてあるところから一種の広告帳とでも言うべきであろう
。」とも書いています。本書はどういう意図で発...
■浅間山 [解説]
第十一編 拾遺雑編
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
鳴渡村千鳥作者はわかりませんが、天明の飢饉について詩歌風に書いたものです。本文が
終わると、写真入りの広告が多数載せられています。広告の一つ一つが、明治後期の小諸
地域と商業の様子を知ることのできる貴重な資料...
■諸国道中商人鑑 [解説]
2 『中山道道中商人鑑』の成立
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
る、としている。旅人が多くなり商品流通が活発となった江戸後期、冊子への掲載を希望
する旅籠や店などから広告料を集め、出版するという方法が「序」などから読み取ること
ができる。なお、同時代には『善光寺道名所図会...
■諸国道中商人鑑 [解説]
3 松井田から追分まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
宿と八軒の店が掲載されている。碓氷峠には5軒の「御小休所」が載っており、餅・餅菓
子砂・糖餅・御茶漬の広告を載せている。碓氷峠の嶺は「峠町」(しゃもじ町)と呼ばれ
ていた。峠町はここを越える旅人の御休所であり...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
は人力車滞にて爪も錐(すいきり)も立つる余地なく、例の御巡幸日誌や、絵図を鬻(ひ
さ)ぐ連中は処々にて広告を述べ、又飴売あり、桃柿柘榴(ざくろ)胡瓜(きうり)白瓜
甜瓜(まくわうり)西瓜(すいか)を売るもの、...
別所温泉誌 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
なると「活版」がほとんどとなります。『別所温泉誌』が発行された同三十三年ごろには
本だけでなく、商店の広告も活版刷りになります。当時、上田町にあった印刷所は、上田
活版社(活版・銅版・石版)、長谷川活版所(活...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
毎日然(し)かも徒歩で、以上の諸君の家を巡回して、教授を受けたのである。夫(そ)
れが四月に入学試験の広告が出た処、アンドレイの歴史が、ウェルテルの歴史に、変更さ
れてゐたので、驚いたが、又ウェルテルを習ふこ...